「フルチャン」とは?意味や使い方をご紹介

皆さんは「フルチャン」という言葉を聞いたことがありますか?文字だけ見ると人の愛称や新商品の名前などを連想するかもしれませんが、実は「フルチャン」は若者の間で使われている言葉なのです。今回は「フルチャン」の意味や使い方、類語も含めて詳しく解説します。

目次

  1. 「フルチャン」とは
  2. 「フルチャン」の使い方
  3. 「フルチャン」の由来
  4. 「フル」の付く若者言葉

「フルチャン」とは

「フルチャン」とは、‘最大限‘を意味する「full(フル)」‘可能性‘を意味する「chance(チャンス)」くっついてできた言葉です。

「可能性あり」という意味の若者言葉「ワンチャン(one chance)」からの派生語で、「絶対できる」や「100%可能性あり」などの意味で使われています。

女子高生を中心に2015年頃から使われはじめ、現在ではSNS上で頻繁に飛び交う若者の定番表現となりました。当初は「絶対にできる」という意味での使われ方が主流でしたが、現在はダメになる可能性も含めて「ほぼ間違いない」という意味で使われています。

「フルチャン」の使い方

(A)

今年は授業出席もバッチリ、後はレポートを出すだけなので進級フルチャン。

(B)

1年前から楽しみにしてた野外ライブ、大型台風直撃で中止フルチャン。

(C)

iPhoneの発売日はたまたま仕事が休みなので、フルチャン並ぶまである。

「フルチャン」の由来

「フルチャン」の誕生以前は、上記で登場した「ワンチャン」という表現がよく使われていました。「ワンチャン」は「one chance(ワン チャンス)」の略語で、可能性があるという意味があります。

そこから若者のもつ柔軟な発想で、様々な派生語が作られました。世間からの認知度には多少の差があるものの、いずれも若者の間ではよく使われている表現です。

「~チャン」のバリエーション

可能性を示す若者言葉は「フルチャン」以外にもいくつかあります。それらは、チャン(chance)」の前に付く言葉により意味が異なり、使い分けられています。

  • ワンチャン(one chance)…もしかしたら可能性あり
  • ノーチャン(no chance)…可能性ゼロ
  • ナイチャン(無チャン)…  〃
  • ハフチャン(half chance)…可能性は五分五分
  • ハンチャン(半chance)…  〃
  • ツーチャン(two chance)…「ワンチャン」の倍の可能性
  • カクチャン(確chance)…「フルチャン」と同義。可能性100%

英単語の組み合わせだけでなく、漢字が混ざっているところもユニークですね。

「フル」の付く若者言葉

若者間で使われている言葉には、「フルチャン」以外にも「フル(full)」のつくものがあります。ここでは、「フル○○」の中でも使用頻度の高いものをご紹介します。

フル単

「フル単」とは主に大学生の間で使われている用語で、「フル単位」の略語です。学期や学年で必要とされている単位をひとつも落とすことなく、全て取得することを「フル単」といいます。

フルボッコ

フルボッコ」とは「フルパワーでボッコボコ」の略語です。「ボッコボコ」というと暴力的なイメージですが、議論の中で論破された時や、周りに味方がおらず精神的に追い詰められた状態の時にも、「フルボッコ」という言い方をします。

フルコン

「フルコン」は「フルコン~」の略語なのですが、~の部分はひとつではありません。コンピュータなど専門分野にも「フルコン」という言葉はありますが、ここでは若者言葉の「フルコン」に限定します。

若者の間で使われている「フルコン」は、主に「フルコンボ」または「フルコンプリート」の略語です。

  • 「フルコンボ(full combo)」…ゲームの中でミスをすることなく連続の操作を行いクリアすること、また連続技が決まること。おもに音ゲー(音楽ゲーム)で使われる用語です。
  • 「フルコンプリート(full complete)」…収集家がコレクションを完成させること。トレーディングカードや漫画、アイドルCDの「ひと揃い」などのほか、ゲーム内でキャラクターが全てのアイテムを所持している、という意味でも使われます。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ