「塞翁が馬」とは?意味や使い方をご紹介

みなさんは「塞翁が馬」という言葉をご存じでしょうか?新聞やテレビなどで使われる言葉なので、一度は耳にしたことがある人も多いと思います。様々なシーンで使えるので覚えておくと便利な言葉です。今回はそんな「塞翁が馬」の詳しい意味や使い方をご紹介します。

目次

  1. 「塞翁が馬」とは?
  2. 「塞翁が馬」の由来
  3. 「塞翁が馬」の使い方
  4. 「塞翁が馬」の類語

「塞翁が馬」とは?

「塞翁が馬」とは「さいおうがうま」と読み、「人生の幸不幸は予測しがたいこと」のたとえとして使われることわざです。「人間万事塞翁が馬」ともいいます。

この「人間」は「にんげん」とも「じんかん」とも読み、「ひと・人類」の意味ではなく「世間」のことを指しています。世の中に起きる幸運や不運は予測することができないということを表しています。

不幸や幸運に一喜一憂するのは賢明ではないという教えの言葉でもあります。「塞翁が馬」の「が」は所有を表す格助詞ですが、「塞翁の馬」とはならないので間違えないように注意が必要です。

「塞翁が馬」の由来

「塞翁が馬」は中国の前漢時代の哲学書である「淮南子(えなんじ)」に由来します。昔、中国の北辺の塞(とりで)近くに住んでいた占いの巧みな老人である塞翁の馬が胡の国に逃げてしまいました。

気の毒がる隣人に対して塞翁は「これは幸福の基になるだろう」と言い、やがてその馬は胡の駿馬(しゅんめ)を連れて帰ってきました。隣人がそのことを祝うと塞翁は「これは不幸の基になるはずだ」と言いました。塞翁の家は良馬に恵まれたが、塞翁の子が馬から落ち足の骨を折ってしまいました。

隣人がそれを見舞ったところ、塞翁は「これが幸福の基になるだろう」と言いました。一年後胡軍が侵入し若者の多くが戦死したが、足を折った塞翁の子は兵役を逃れて親子共々無事であったといいます。

この故事から人生の禍福は転々として予測できないというたとえの「塞翁が馬」ができました。

「塞翁が馬」の使い方

「塞翁が馬」は禍福は予測できないというたとえとしてだけでなく、人を励ます時などに用いたりすることがあります。世の中には良いことも悪いことも予測ができないのだから、振り回されないようにしようという教訓の言葉としても使われます。

「不幸な目にあったからといってくよくよしてばかりいるな。塞翁が馬というように悪いことばかりが続くものではないのだから。」
「彼氏にこっ酷く振られたばかりだが、素敵な出会いに恵まれた。まさに塞翁が馬だ。」
「良いことがあったからと喜んでばかりはいられない。塞翁が馬というだろう。」
「一度失敗したからといってそんなに落ち込むことはない。塞翁が馬というように次はいいことがあるだろう。」

「塞翁が馬」の類語

「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」

「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」とは「人生のうちには悪いときもあればよいときもあるということ。」を意味することわざで、悪いことばかりが続くものではないというたとえの言葉です。「瀬」というのは淵も浅瀬もある川の流れのことです。人生の局面を瀬に見立てて、その浮沈をいいます。人生には浮き沈みがあるので、不運なことがあってもそればかりではないから落ち込まないことだという教えのことわざです。「長年成功していたあの事業が急に失速するなんて沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありだな。」

「禍福は糾える縄の如し」

「禍福は糾える縄の如し」は「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「幸福と不幸はより合わせた縄のように表裏一体であるということ。」を意味する言葉です。交差する縄の表と裏を幸不幸にみたてて表裏一体だということをあらわしています。中国の「史記・南越列伝」には「禍に因りて福を為す。成敗の転ずるは、譬えば糾える纆(なわ)の如し」とあり、「漢書・賈誼(かぎ)伝」には「それ禍と福とは、何ぞ糾える纆に異ならん」とあるのが由来になります。「たとえ好調な時であっても油断しないほうがいい。禍福は糾える縄の如しだからだ。」


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ