「jk」とは?意味や使い方をご紹介

「jk」という言葉の意味をご存知でしょうか?この種の俗語はインターネット上などで使われることが多く、あまり良いイメージがない表現とされていました。しかし、近年では幅広い世代で定着するようになってきています。今回は「jk」の意味や使い方をご紹介します。

目次

  1. 「jk」の意味
  2. 「jk(=女子高生)」の類語
  3. ネットスラングとしての「jk」
  4. その他の「jk」

「jk」の意味

「jk」は、「じぇーけー」「じぇいけい」などと読み、さまざまな言葉の略語として用いられます。最もよく知られているのは「女子高生」の略語としての使い方でしょう。

「女子高生」のローマ字表記、「joshi kousei」から頭文字二つをとって「jk」と表現されるようになりました。

 

「jk(=女子高生)」の使い方

使われ始めた頃は、第三者が女子高生を指す時に使われることが多く、若干嘲笑するようなニュアンスを含むこともありました。

(A)

jkが電車の中で騒いでいてうるさい。

(B)

また欠勤?だからjkを雇うのは嫌なんだよ。

現在では、女子高生たちが自身を表す場合にも使われています。特に批判的なニュアンスはなく、ただの略語としての扱いです。ただし、依然として否定的なニュアンスで使われることもありますので、文脈から判断する必要があります。

(A)

jkにしかできないことを全力で楽しもう!

(B)

昨日、jk語の特集がテレビで放映されていた。

「jk(=女子高生)」の類語

jk3/ljk

「jk3」は女子高生の中の、特に三年生を表す言葉です。同じように一年生は「jk1」、二年生は「jk2」と表します。

また、「ljk」は「last joshi kousei」の略です。ラスト=最後の女子高生、つまり三年生のことを表します。一年生は「first joshi kousei」の略で、「fjk」、二年生は「second joshi ikousei」の略で「sjk」となります。

jc

「jc」は「joshi chugakusei」の略語で、「女子中学生」のことを表しています。同じように、女子小学生をjs、女子大生をjdと略すことがあります。

ネットスラングとしての「jk」

「jk」といえば、「女子高生」が一般的ですが、ネット上では他にも数多くの違う意味の「jk」が使われています。

前後の会話の流れや、全体の文脈を見て、意味を取らないと全く違う解釈をしてしまうことがあるので、注意が必要です。ネットスラングとして用いられる「jk」をいくつか紹介します。

just kidding

(A)

I've got a new girlfriend! Jk!(彼女できた!なんてね、嘘だよー)

日本だけではなく、世界中で使われているネットスラングです、「just kidding」=「冗談だよ」の略で、「jk’in」「jk’n」の形で使われることもあります。

常識的に考えて

(A)

勝手に連絡先教えるのは、まずいだろjk

「常識的に考えて」をローマ字に直した「joushikitekini kangaete」の頭をとって、「jk」と使うことがあります。

上の文では、女子高生に話しかけているのではなく、「常識的に考えて」間違っているということを指摘しているのです。

「女子高生」が普及し始めてからは、区別がしづらいせいか、「常考」を使うことが増えてきています。

冗談は顔だけにしろ

(A)

何を言いたいのか分かりかねるなjk

「常識的に考えて」と同じように、「冗談は顔だけにしろ」=「joudanha kaodakeni shiro」の略として、「jk」が用いられることがあります。

「jk=女子高生」がメジャーになったことで、「常識的に考えて」使われる機会が減ってきている点も「常識的に考えて」と同様です。

自宅警備員

(A)

jk(自宅警備員)に転職しました。

「jk」と省略される言葉の一つに「自宅警備員」というものがあります。自宅警備員とは、自宅を警備してくれる警備員さんのことではなく、引きこもりやニートの人のことを表す語です。

「自宅警備員」と同様の意味を表す言葉として、「一級在宅士」、「代表戸締役」などがあります。多少の皮肉、ユーモアを含んだ表現ですね。

その他の「jk」

「jk」は、上記の他にもさまざまな場所や局面で用いられている略語です。映画『スターウォーズ』シリーズに登場する「ジェダイ・ナイト」も頭文字をとって「jk」と表記されます。

トランプのジョーカーや競馬における騎手(ジョッキー)、服飾用語でジャケットなども「jk」で表すことがあります。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ