「ががが」とは?意味や使い方をご紹介

SNSなどで見かける「ががが」とは何でしょう?驚きなどを表しているネットスラングの場合もあれば、作品のタイトル(の一部)であることもあります。今回は、様々に使われている「ががが」、「ガガガ」、「GAGAGA」のそれぞれについて詳しく解説します。

目次

  1. 「ががが」とは?
  2. SNSに書かれる「ががが」
  3. 「ガガガ文庫」
  4. 「ガガガSP」
  5. 作品タイトルとなった「ががが」

「ががが」とは?

「ががが」は、様々な意味でいろいろな使い方をされているため、今回は、ひらがな表記の「ががが」と、カタカナ表記の「ガガガ」、アルファベット表記の「GAGAGA」を合わせて取り上げます。

  1. SNSに書かれる「ががが」:感嘆詞として使用されるネットスラング
  2. ガガガ文庫:小学館から刊行されているライトノベルのレーベル
  3. ガガガSP:日本のアーティスト

また、「ががが」というタイトルの作品(一部や略称も含む)には、次のようなものがあります。
  • 『GAGAGA』:SDN48の楽曲名
  • 「ガガガ」:アニメ『勇者王ガオガイガー』の略称
  • 『トクサツガガガ』:漫画、ドラマのタイトル
  • 『ガガガガガガガ』:ゴールデンボンバーの楽曲

SNSに書かれる「ががが」

「ががが」は感嘆を表すネットスラング

TwitterなどのSNSなどで見かける「ががが」という記述は、驚きや感動など強い感情を表す時に、もともと使用している「が」を重ねて感嘆詞のように使われています。

  • 主語を表す助詞の「が」を重ねた「ががが」
  • 接続詞「だが」の「が」を重ねた「ががが」

「二の句を繋げないほどの驚いた」、「感動のあまり絶句した」、「言葉にならないほど辛い」などの状態を表しますが、中には映画などの感想で「本当に素晴らしかったけれど、ネタバレしたくないから詳しくは語らないでおくね」という気持ちを込めることもあります。

「ががが」の使い方①主語の「が」を重ねる場合

  • 「花粉症で涙と鼻水ががが涙と鼻水が酷く出て辛い!
  • 「帰宅前なのにスマホの充電ががが充電がなくなりそうでピンチ!
  • 「新しいゲームを買ったのはいいがプレイする時間ががが時間がなくて悲しい!
  • 「ネタバレになるので詳しくは言えないけれど、ストーリー展開ががが展開が素晴らしい!

「ががが」の使い方②「だが」の「が」を重ねる場合

  • 「建物を見に来たのに外装工事してるんだががが外装工事してるんだが、どういうことだ!?残念極まりない!
  • 「イラストのアップ、毎回遅刻していますががが遅刻していますが見てくれたら嬉しい!
  • 「自転車に乗りながらのスマホは違反なんだががが違反なのだが、どういうつもりだ!あぶないじゃないか!

「ガガガ文庫」

「ガガガ文庫」は2007年に創刊された小学館のライトノベル系文庫レーベルで、、新人や実験的作風を受け入れるレーベルとして評価されおり、後述するような多くの人気タイトル、人気作家を輩出しています。

  • 『俺、ツインテールになります』作・水沢夢/イラスト・春日歩
  • 『人類は衰退しました』作・田中ロミオ/イラスト・山﨑透、戸部淑
  • 『とある飛空士への追憶』作・犬村小六/イラスト・森沢晴行
  • 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」作・渡航/イラスト・ぽんかん⑧

「ガガガSP」

「ガガガSP(ガガガスペシャル)」は、日本の音楽バンドで、吉田拓郎のフォークミュージックに影響を受けた、青春パンク色が強い楽曲を多く歌っています。

2000年に『京子ちゃん』でインディーズデビュー、2002年にソニーレコードより『卒業』でメジャーデビュー。2007年からは自主レーベル「俺様レコード」を設立して活動しています。

作品タイトルとなった「ががが」

『GAGAGA』/SDN48

『GAGAGA(ガガガ)』は、2009〜2012年まで活動していた日本の女性アイドルグループ「SDN48(エスディーエヌ フォーティエイト)」のデビュー曲で、作詞は秋元康。「K-POPを迎え撃つJ-POP誕生〜GAGAGA、する?〜」というキャッチコピーで、歌詞の一部は韓国語となっています。

『勇者王ガオガイガー』:アニメ

『勇者王ガオガイガー』は1997〜98年に放送されたテレビアニメ。『勇者エクスカイザー』から始まる「勇者シリーズ」最後の作品で、「ガガガ」または「GGG」と通称されます

米たにヨシトモ監督には「ガガガ」という語感へのこだわりがあったようで、主題歌の『勇者王誕生!』も「ガガガッ ガガガッ ガオガイガー」という歌詞から始まるほどです。

『トクサツガガガ』:漫画・ドラマ

『トクサツガガガ』は、丹羽庭による日本の漫画作品で、週刊ビッグコミックスピリッツに連載されています。

隠れ特撮オタク女子である、26歳OLの仲村叶(なかむらかの)を主人公にしたコメディで、隠れオタクの複雑かつデリケートな葛藤を描いた作品です。2019年1月には、NHK総合「ドラマ10」でドラマ化され、主演は小芝風花が務めました。

タイトルに使われている「ガガガ」は、英語の「gaga(夢中の、熱狂的な)」に一音足してより強調したものです

原作漫画の『トクサツガガガ』は、『このマンガがすごい!2016』オトコ編第17位、『全国書店員が選んだおすすめコミック2016』15位にランクインしている人気作品で、ドラマも広い世代の注目を集めました。

『ガガガガガガガ』/ゴールデンボンバー

『ガガガガガガガ』はゴールデンボンバーが、上記のドラマ『トクサツガガガ』の主題歌として書き下ろした楽曲で、MV(ミュージックビデオ)ではゴールデンボンバーのメンバーが特撮ヒーローに扮しています。

ドラマの主題歌だけでなく、劇中に登場する特撮番組『ジュウショウワン』の主題歌としても使用されました。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ