「トプ画」とは?意味や使い方をご紹介

SNSのユーザーであれば、「トプ画」という言葉を耳にしたり、使ったりしたことがあるかもしれません。「トプ画」はSNSユーザーにとって自己表現の手段のひとつです。今回は「トプ画」の意味や「カバー画像」との違いなどを解説します。

目次

  1. 「トプ画」の意味と成り立ち
  2. 「トプ画」と「カバー画像」の違い
  3. 「トプ画」と「カバー画像」の使い方

「トプ画」の意味と成り立ち

「トプ画」とは、SNSなどのプロフィール欄に表示されるアイコン画像のことで、「トップ画像」を略した言葉です。発音しやすいように促音の「ッ」が脱落した形で表記されています。

FacebookやTwitter、LINEなどにおいて「トプ画」は特に注目を集める部分です。そのためユーザーの中には自分の写真を使ったり、好きな物を載せたり、他者と差異化を図ろうする人もいます。特に若い世代において、その傾向が顕著に見られるようです。

「トプ画」と「カバー画像」の違い

「トプ画」も「カバー画像」もSNSにおいて他者にアピールするために使う写真ですが、意味する内容は微妙に異なります。

「トプ画」がプロフィールなどとともに表示される小さなアイコン画像であるのに対して、「カバー画像」は、SNSにログインすると表示される大きな画像のことです。主にLINEにおいて使われる用語で、カバー画像はホーム画と呼ばれることもあります。

また各サービスによって画像の名称が異なり、たとえばTwitterでは「カバー画像」ではなく「ヘッダー画像」と呼ばれます。

「トプ画」と「カバー画像」の使い方

SNSのヘビーユーザーにとっては、「トプ画」や「カバー画像」は自己表現をするための手段の1つと言っても過言ではありません。そのためこれを上手く使っていくことで、他者の関心を集めることに役立つと言えるでしょう。

  • トプ画をこれまでのテイストと変えたいんだけど何かおすすめはある?
  • トプ画が友達と被ったら面白くないじゃん。
  • 俺は、トプ画に心血注いでいるからさ。
  • 先月、カバー画像を変えてから急にフォロワーが増えたよ。
  • 新しいカバー画像にしたけど評判がよくないから、また変えよう。
  • カバー画像にはこだわりを持っている。

関連するまとめ


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ