「ケアレスミス」とは?意味や使い方をご紹介

「ケアレスミス」は「careless mistake」を略した和製英語です。注意不足によるミスを意味します。この記事では「ケアレスミス」の意味を紹介すると共に「ケアレスミス」を防ぐ工夫、対策も合わせて紹介したいと思います。

目次

  1. 「ケアレスミス」とは
  2. 「ケアレスミス」を防ぐ方法
  3. 「ケアレスミス」まとめ

「ケアレスミス」とは

「ケアレスミス」は「careless mistake」を略した和製英語です。不注意などにより、本来は防げたであろう、うっかりしたミスをすることを意味します。

「careless」は「care」と「less」に分けることができます。「care」は気にかけるという意味です。「less」は少ないという意味で、まさに注意が足りないことを意味します。逆に注意深い状態は「careful」です。

「ケアレスミス」を防ぐ方法

「ケアレスミス」に対して「ミスしないように注意しなさい」ということは簡単ですが、それでは根本的な対策にはなりません。実際には「ケアレスミスが許されないこと」ほど、「人間はケアレスミスをするものだ」という前提で仕組み化されています。

情報技術でケアレスミスを防ぐ

情報システムにより、そもそもミスができないようにすることは有効な方法です。
 

  • 例えば消費税計算は、毎回アナログな電卓計算ではどうしてもミスが生じます。しかし多くの場合はレジのシステムで自動的に計算されていて、その場合は消費税の計算ミスが起こることはほとんど考えられません。
  • 食品スーパーマーケットやコンビニでは消費期限(販売設定期限)を超えるとレジでエラーとなります。「ケアレスミス」で陳列してしまっていても、販売時点でストップする仕組みです
  • WEB入力フォームでは必須項目を設けることで入力漏れを防いだり、郵便番号から住所をデータ取得することで入力ミスを防いでいます。
  • 自動車や鉄道では、追突事故防止のための自動ブレーキが搭載されているものがあります。

ただし情報技術のリスクにはシステム自体のダウンや不具合があります。あくまで「人間の注意不足を補うもの」として利用する必要があります。

仕組みで防止作をとる

情報システム以外でも、仕組み化により「ケアレスミス」を防ぐ対策は可能です。
 

  • 異物混入が許されない食品製造などでは、製造前の衛生対策や制服が定められています。
  • 引越業者は、家具や壁を不注意で破損しないように「養生」という保護をします。

本人以外が再確認する

上記は「ケアレスミス」が即時に問題になる場合の対策です。もし作業してから再確認する時間的な余裕がある場合は、作業した本人以外が再チェックする方法が有効です。作業した本人はどうしても思い込みが生じるからです。

例えば出版等における「誤字脱字」といった「ケアレスミス」は、執筆者とは別の校閲という担当者が再度チェックを行います。

別の方法で再確認する

同じ人が、同じ方法・同じものをいくら見直しても「ケアレスミス」はなかなか防げないものです。そこで再チェックをします。数学(算数)では検算と呼ばれる方法があります。計算したものを再び調べて正しいかどうか調べることです。この際、異なる方法、異なるもので再チェックすることが有効です。

「y=4(7+5)+10」という計算式ならば、
 

  • 4×12+10
  • 4×7+4×5+10

の、2通りの計算をして、答えが一致するかを確認できます。またパソコン等で文章を入力した際も、画面上で見るだけでなくプリントアウトして見直すといったことで、「画面」と「紙」の2通りでチェックするので「ケアレスミス」が見つかることがあります。

時間を置いて再確認する

例えば学校のテストでは、問題を解いた直後に同じ問題を再チェックしても、思考経路がどうしても同じになってしまいます。一方、テスト問題を最後まで解いてから、改めて最初の問題からチェックしなおすことで、少し客観性が増した状態でチェックできます。

チェックリストを作る

買い物など、うっかり漏れが生じそうなものはリストにしておくと良いでしょう。イベント準備や旅行準備にも有用です。

ただし注意すべきなのは「チェックリスト」の作成自体に「ケアレスミス」が発生する可能性があることです。よって「チェックリストを他の人に再確認してもらう」「チェックリストを作ってから、時間をおいて見直す」といったことをした方が安全です、

「ケアレスミス」まとめ

ちょっとした「ケアレスミス」により他人に迷惑をかけたり、試験、特に受験での合否が分かれたりすることもあります。慌てると「ケアレスミス」は起こりやすくなります。仕組み化で「ケアレスミス」の発生自体を防ぐ工夫をしたり、「ケアレスミス」が起こることを前提に時間に余裕をもって行い再チェックを欠かさないことが大切と言えそうです。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ