「吐露」とは?意味や使い方をご紹介

「吐露」という言葉を見聞きして、どういう意味なのか分からずにとまどった経験はありませんか。それぞれの漢字だけでは、意味を推測することも難しいかもしれませんね。今回は、「吐露」の意味や用法を、具体例も交えて詳しく解説します。

目次

  1. 「吐露」の意味とは?
  2. 「吐露」の使い方と例文
  3. 「吐露」の類義語
  4. 「吐露」を英語で表現すると?

「吐露」の意味とは?

「吐露」は「とろ」と読み、心の中で思っていることを隠さずに口に出すことを意味します。また、「吐露する」と動詞で用いられることも少なくありません。

まずは、「吐」と「露」それぞれの漢字の意味をみていきましょう。

「吐」の字義

「吐」という字には、「①口や胃の中のものをはきだす」、「②のべる、うちあける」の二つの意味があります。このうち「吐露」では②の意味で用いられ、口に出して言うことを表します。同じ用法では、「本音を吐く」や「弱音を吐く」という表現があります。

「吐露」のほかに「嘔吐(おうと)」「反吐(へど)」なども代表的な二字熟語として挙げられます。

「露」の字義

「露」はさまざまな意味のある漢字ですが、「吐露」においては「表面にはっきりと現れる様子」や「さらけだす、あらわになる」という意で用いられます。似た意味で使われる熟語として、「露出」や「披露」などが挙げられるでしょう。

「吐露」の使い方と例文

「吐露」は、上記の字義を踏まえると、「表面に出せなかったこと」、言い換えれば「話せずにいたこと」や「話したくなかったこと」を時機を得て話すというニュアンスの言葉です。
【例文】

  • その両親は、交通事故で息子を失った胸中を吐露してくれた。
  • 本音を吐露してみたところで、現実は何も変わらないことに気づいた。
  • 彼の突然の吐露には、驚きと同情を禁じ得なかった。

これらの例文からも、「吐露」された内容がけっして明るいものやポジティブなものでないことが想像できます。隠していたかった「悩みや不安」「苦しい胸の内」、など、ネガティブな気持ちを打ち明けるときに多く使われる表現といえますね。

「吐露」の類義語

「吐露」の類義語には以下のようなものがあります。
 

  • 告白(こくはく)…秘密などを打ち明けること
  • 白状(はくじょう)…罪や隠しごとを人に話すこと
  • 自白(じはく)…自分のしたことを告白すること
  • 自供(じきょう)…犯行を自分から述べること
  • 暴露(ばくろ)…悪事や秘密を人々に知らせること
  • 口外(こうがい)…秘密を他人に話すこと

これらは、いずれも隠していることや隠さざるを得なかったことを他人に話すという意味で、「吐露」との共通点があるといえます。

「吐露」を英語で表現すると?

「吐露」と同様の意味をもつ英語は、以下のように挙げられます。

  • effusion【名】(感情の)吐露、発露
  • effuse【動】(感情を)吐露する
  • pour out【句動】吐露する

これらの英語は、いずれも「注ぎだす」「流出する」といった意味から派生しています。

「吐露」の英語文例

  • He effused about his new job for about an hour.(彼は、自分の仕事にかける思いを約一時間にわたって吐露した。)
  • She poured out her feeling about her school life.(彼女は、学園生活で感じていることを吐露してくれた。)

いずれにしても、日本語の「吐露」とは異なり、秘めていた心の内を漏らしてくれるといったニュアンスの言葉ではありません。むしろ、良きにつけ悪しきにつけ感情が溢れ出し、流れ出るように言葉で表現されているといったほうが、より正確でしょう。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ