「ミドルネーム」とは?意味や使い方をご紹介

ミドルネームという言葉はよく耳にすることがあると思います。外国人の方がミドルネームを持っており、格好良いミドルネームを持っておられる方も多いです。日本ではミドルネームを登録できません。今回は、そんな「ミドルネーム」の意味や使い方を解説します。

目次

  1. 「ミドルネーム」とは?
  2. 「ミドルネーム」の意味
  3. 「ミドルネーム」を付ける理由
  4. 「ミドルネーム」は日本にもあった!?
  5. 「ミドルネーム」人気ランキングTOP5
  6. まとめ

「ミドルネーム」とは?

ミドルネームとは、名前と姓の間にある名前です。ミドルネームは、基本的は真ん中にあるものですが、国や地域によって位置が違うことがあります。また、ミドルネームの長さは制限が無く、何も付けない人から物凄く長いミドルネームを付ける人まで様々です。

 

また、ミドルネームの中にミドルイニシャルというものがあり、元アメリカ大統領“ジョン・F・ケネディ”をご存知かと思います。
 

この場合、「F」をミドルイニシャルと言い、この「F」の部分は、ミドルネームのフィッツジェラルドを略したものになります。ミドルイニシャルは、ミドルネームの頭文字とイニシャル自体の2パターンあります。

「ミドルネーム」の意味

ギリシャの伝統では、その家族の父親は誰かを意味します。

キリスト教の洗礼名

キリスト教徒が洗礼を受ける時に付けられる名前で、クリスチャン・ネームとも呼ばれています。

既婚女性の場合、自分の旧姓

日本では大体の女性が夫の姓に変わります。海外では、入籍をする際に元の姓をミドルネームとして残す人もいます。

尊敬する人の名前

こんな人になってほしいという思いから親が憧れている人の名前をミドルネームとして付けることもあります。

「ミドルネーム」を付ける理由

アメリカ人やヨーロッパ系の人々にとって、ミドルネームを付ける明確なルールはありませんでしたが、現在は以下の理由でミドルネームを付けています。

愛しい人を想い、敬うため

一般的に亡くなった家族、友達を偲び忘れない為、または敬意を示すため。

姓が同じ人と区別をするため

日本でも「田中実」や「鈴木茂」のように同姓同名の人が多くいます。外国人の方でも同じようなことがあり、海外の方が日本よりも同姓同名になりやすい為、ミドルネームがあると区別しやすくなります。

「ミドルネーム」は日本にもあった!?

現在の日本では、ミドルネームの登録は出来ません。もし、ミドルネームを付けたいのであれば海外に移住するか外国の方と結婚することでミドルネームを付けることが出来ます。

 

あまり知られていませんが実は、明治時代に日本にも「諱(いみな)」や「字(あざな)」と言われるミドルネームと似たような制度がありました。歴史上の有名な人物でご紹介すると

 

  • 織田三郎信長
  • 伊達藤次郎政宗
  • 真田源三郎信幸


などです。

「ミドルネーム」人気ランキングTOP5

女性編

 

  1. メイ(May/Mai)

  2. ローズ(Rose)

  3. グレース(Grase)

  4. ルイーズ(Louise)

  5. エリザベス(Elizabeth)

 

 

男性編

 

  1. ジェームス(James)

  2. ジョン(John)

  3. トーマス(Thomas)

  4. ジョージ(Geoge)

  5. ウィリアム(William)

 

まとめ

ランキングの女性編のエリザベスはよく名前として使われているのかと思いきやミドルネームとして人気のようです。男性編はハリウッド俳優のような格好良いミドルネームが並びました。

もし日本でもミドルネームを登録出来るようになったらどのようなランキングになるか楽しみです。その時の有名人の名前や人気アニメに出てくる人物の名前、上記で述べたミドルネームもランクインするかもしれませんね。

 

日本ではミドルネームは登録出来ませんがFacebookでは、日本人でもミドルネームを作成することが出来ます。どうしてもミドルネームを付けたい方はFacebookの中で楽しんでみるのはいかがでしょうか。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ