「畜生」とは?意味や使い方をご紹介

「畜生(ちくしょう)」という言葉、みなさんはご存知ですか?最近では、漫画やアニメで使われることが多い言葉なので、知っている方も多いのではないでしょうか。しかし、「畜生」本来の意味を理解できていますか?ここでは、そんな「畜生」の意味や使い方をご紹介しています。

目次

  1. 「畜生」とは
  2. 仏教用語でない「畜生」の意味
  3. 仏教用語の「畜生」の意味
  4. 「畜生」にならないために
  5. 「畜生」の使い方
  6. 「畜生」のまとめ

「畜生」とは

「ちくしょう」と読みます。「畜生」という言葉はもともと仏教用語です。しかし、現在では仏教用語として使う場合と、仏教と関係なくただ「畜生」という言葉の意味のみで使うことがあります。両者には共通する部分もありますが、仏教の思想を通して言葉を解釈しないといけないところもあるので、いったん分けて考えてみたいと思います。

仏教用語でない「畜生」の意味

「畜生」は、獣や鳥などの人間以外の全ての動物を指します。「畜」の文字が「やしなう」という意味を持っているので、「畜生」とは「人に畜(やしな)われて生きているもの」ということになります。「家畜」の「畜」と同じなので、イメージしやすいと思います。

さらに、ここから転じて人間に値しないもの、つまり卑怯で不道徳な人や、人間として許されない行為などを表現することもあります。特に、肉親間の近親相姦には「畜生」という言葉を使います。また、感情的に他人を罵ったり、自分に対して後悔があるときなどに使い、その際には「ちくしょう」だけでなく「ちきしょう」と、言うこともあります。

仏教用語の「畜生」の意味

仏教用語でも、「畜生」は人間以外の生き物のことを指します。しかし、それらの生き物は、人間が生前に愚痴が多く、反省をすることを知らず、またそれを恥ずかしいとも思わない者が生まれ変わった姿です。また、「畜生」に生まれ変わる世界のことを「畜生道(ちくしょうどう)」と言い、死後に生前の行いによって転生する「六道」の一つです。

「畜生道」ではあらゆる生き物が本能をむき出しにし、弱肉強食の関係で、互いに殺し合いや食い合いをしています。いつ襲われるかわからないので、常に恐怖にさらされ、全く安らぐことが出来ません。強いものに頼って生きていこうとすると、今度は使役されるばかりで主体性がなくなり、自分を見失います。それが、「畜生」の姿です。

「畜生」にならないために

「畜生」に生まれ変わる人間は、愚痴が多く恥知らずだと言われています。仏教でいう「愚痴」とは、物事の真実を知らず、知ろうともしないことを言い、人間の煩悩の中でも特に質の悪いものとして扱われています。

例えば、世の中で起こっていることにはすべて原因や因縁があります。嫌なことや納得できないことが起こった時に、その原因や理由を知ろうともせず、ただ怒ったり文句を言うことが「愚痴」で、理由や原因を知らないので反省をすることが出来ない姿が「恥知らず」です。

なので、「畜生」に生まれ変わって「畜生道」に堕ちてしまわないためには、人としてどう行動すればいいのかという道理を学び、自分の行動を道理に照らし合わせて反省し、やたら文句を言ったり、本能や煩悩のままに悪事を働かないことが大切なのです。

「畜生」の使い方

「畜生」という言葉を、私たちはどの様に使えばいいのでしょうか。かの文豪たちの文章から学んでみましょう。
 

「畜生」の引用

“その精神の卑劣、醜怪、「犬畜生」とはよくもいった。”(畜犬談―伊馬鵜平君に与える―:太宰治)
 
“「畜生」かな、それともまた、人間かな。”(偸盗:芥川龍之介)
 
“わたくしは「畜生」同然の身分みぶんでございますが、私のようなものにさえまことの力はこのようにおおきくはたらきます”(手紙 二:宮沢賢治)

※青空文庫出典

例文にもありますが、「畜生」を罵り言葉として使う際には「犬畜生」「こん畜生」「あん畜生」と言ったバリエーションがあります。「畜生」はとても上品とは言えない言葉なので、あまり使うことはないと思いますが、仏教用語として使おうと、そうでなくても、意味するところはほぼ同じ、人間以外の動物のことや、非道な人間やその行いを指しています。

「畜生」のまとめ

いかがでしたか。「畜生」の意味や使い方をおわかりいただけましたか。世界的に有名な漫画「ナルト」で、「六道」や「畜生道」といった仏教用語を用い、その世界観を模した設定の話が展開されました。こういった「ナルト」をはじめとする複数の漫画やアニメを通して、現在「畜生」という言葉は身近な言葉として認識されていると思います。

しかし、この「畜生」という言葉は、本来は私たちがどのように生きていけばよいのかを教えてくれる言葉だということを忘れないようにしましょう。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ