「ボキャブラリー」とは?意味や使い方をご紹介

皆さんは「ボキャブラリー」という言葉をご存知でしょうか。ある範囲で使われる語(言葉)の集まりという意味ですが、単に知っている言葉や単語の量を表して言います。ここでは「ボキャブラリー」の意味や使い方などを、順に紹介していきます。

目次

  1. 「ボキャブラリー」の意味
  2. 「ボキャブラリー」の使い方
  3. 「ボキャブラリー」の類語
  4. 「ボキャブラリー」の英語

「ボキャブラリー」の意味

「ボキャブラリー」の元は英語のvocabularyで、和訳では語彙(ごい)と言います。ひとつの言語あるいはその中の特定の範囲についての単語の総体という意味で、すべての言葉(我々にとっては日本語)と考えるのが適正です。

通常は、個人が知っているさまざまな分野の言葉や単語の量を表します。「ボキャブラリーが足りない」と言えば「知っている言葉が少ない」という意味ですが、皆さんのまわりにも、「すごい」「やばい」の二語だけで世界のすべてを表現しようとする人がいるのではないでしょうか。

「ボキャブラリー」の使い方

  • 彼女はボキャブラリーが豊富な人だ
  • 自分のボキャブラリーの貧困さが恥ずかしい
  • ボキャブラリーが足りなくて感情をうまく表現できない

「ボキャブラリー」の類語

「ボキャブラリー」の類語は「語彙(ごい)」になります。近い意味の言葉もなく、これは「ボキャブラリー」あるいは「語彙」が専門用語から流行語まで言語のすべてを総称しており、これ以上は細分化しかないためです。

この二つは英語と訳語なのでほぼ同じ意味合いですが、「語彙」の方が、より純粋な読書量や言語への理解度を表す知的なニュアンスのようです。「ボキャブラリーが豊富な人」は、場合によっては単に話題が豊富な人くらいの使われ方をしてしまいます。

また「語彙」は「近松語彙(ちかまつごい)」など、ある範囲の単語を集め、一定の順序に並べた書物(つまり辞書)のことを言う場合もあります。

「ボキャブラリー」の関連語

  • 語彙力…ボキャブラリーの豊富さと、使用の適正さの程度を表す言葉
  • ボキャ貧…「ボキャブラリーが貧困」の略

「ボキャブラリー」の英語

「ボキャブラリー」の英語は、a vocabularyとそのまま使えます。また、a lexicon(特定の分野や作家など)の場合もあります。

  • ボキャブラリーを豊富にする…enrich one's vocabulary
  • 彼女はフランス語の語彙が豊富だ…She has an extensive French vocabulary.
  • 語彙目録…a lexicon
  • 語彙項目…a lexical item
  • 語彙論…lexicology


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ