「架電」とは?意味や使い方をご紹介

「このリストに架電しておいて」と上司に突然指示され戸惑った経験はありませんか?そもそも「架電」が読めない方も多いかもしれません。ビジネスシーンにおいて知っておくと便利な「架電」、突然振られても戸惑わない為に言葉の意味や使い方をご紹介します。

目次

  1. 「架電」とは
  2. 「架電」の発祥
  3. 「架電」が使われる現場
  4. 「架電」と「受電」
  5. 「架電」の使い方
  6. 「電話をする」際の姿勢

「架電」とは

例えば新入社員であるあなたが、会社で電話を受けた時「先日カデンした件ですが」と言われて、頭の中で正しく漢字変換は出来るでしょうか。恐らく、ほとんどの方は「カデン?家電?」と意味が通じずに混乱するかと思います。

ここで言う「カデン」は「架電」と書き、「電話を掛けること」を意味します。つまり冒頭部の先方の問い合わせは、「先日お電話した件ですが」を短縮した言い方となります。「カデン」という単語は耳にした事があっても、実際に漢字でイメージ出来る方は社会人でも少ないかと思います。

「架電」の発祥

「架電」はビジネスシーンでは見聞きすることの多い言葉ですが、実は辞書に載っていない単語です。また、PCやスマホでも一発で漢字変換が行えない単語でもあります。では、元々はどこで使われていたのでしょうか。

元々は、警察や裁判所といった法律関係で使われていた言葉でした。その関係省庁から、徐々に一般企業へと言葉が広まっていったと言われています。「電話をかける」という熟語が無かった為に生まれた、と言われており「架」に「空中にかける/渡す」といった意味があるところから、「架電」という単語が発生しました。

「架電」が使われる現場

現在、「架電」は広く知れ渡ってきたとはいえ主によく使われているのは「コールセンター」、電話業務を行う場です。求人活動をしいていて、「架電業務」「アウトバウンド」という言葉を見たことはないでしょうか。

これらは、「オペレーターが電話をお客様にかける」業務の総称で、頻繁に出てくる業種です。アンケート、アフターフォロー、ご用件伺い等の内容でリスト化された個人宅へ、「架電」することが仕事になります。

「架電」と「受電」

「電話をかけること」が「架電」ならば、「電話を受けること」はなんと表現するかはご存知ですか?こちらは、文字通り「受電」(じゅでん)で「電話を受ける」です。「受電」もあまり一般的な言葉ではなく、また「電力を受ける」といった意味もあるため、そう広く使われてはいませんが「架電」の対称としてコールセンターでは頻繁に聞く言葉です。

「受電」は因みに「インバウンド」と言われ、「お客様が掛けてきた問い合わせを受ける」事を指します。商品の問い合わせや、発送状況確認、インターネットの設定等多岐に渡った対応を行います。

「架電」の使い方

ビジネスシーンにおいて、取引先との連絡の際に使う事が主です。但し、説明したように、全ての業種にて定着しているとは言い切れない言葉の為、通じない場合は「お電話した件で」「電話を掛けた」等の言い換える事も必要です。

<会話における架電>
「先日架電した件ですが」
「◯◯へ架電した担当は?」
「◯日までにリストの架電終わらせる」

<メールにおける架電>
「先般頂いた架電の件で、ご相談です」
「架電の件です。よろしくご査収ください」

「先日の電話でお話ししていた件で」といった前置きが長くなるのを短縮する為、ビジネスシーンでは「架電」が普及したとも言われています。また、基本的には「会社間同士のやり取り」で使う事がほとんどの「社内用語」のようなものなので、「架電リスト」のお客様へ電話をした際には「先日架電した件で」という使い方は控えたほうが賢明です。

状況を踏まえ、適切な使い方を心がけたいですね。

「電話をする」際の姿勢

最後に、「架電」「受電」どちらの態勢でも「電話をする」際の注意点をご紹介したいと思います。

・必ずメモを取る(いつ/どこで/誰が/誰に/要件)
・復唱確認(日付、曜日等言い換えてすり合わせを行う)
・不明な点は、保留するか調べて折返しを提案

とくに「架電」は、「こちらから掛けている」為、相手の質問に答えられないといった状態は避けたいところです。自分自身で話す内容をまとめ、必要な資料は手元に用意してから、相手の電話番号を押しましょう。
 


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ