「混沌」とは?意味や使い方をご紹介

「混沌」という言葉をご存知でしょうか。日常会話で使う機会は少ないですが、読み物では「混沌とした有様」などの形でたまに見かけます。ここでは「混沌」の意味や使い方、英語での表し方、類義語や対義語などを、順に紹介していきます。

目次

  1. 「混沌」の読み方
  2. 「混沌」の意味
  3. 「混沌」の使い方
  4. 「混沌」を表す英語
  5. 「混沌」の類義語
  6. 「混沌」の対義語

「混沌」の読み方

まず「混沌」は、「こんとん」と読みます。「混」の字は訓読みで「ま(ざる)」や「こ(む)」、「沌」の字は訓読みで「ふさ(がる)」と読みます。

「混沌」の意味

「混沌」には、二つの意味があります。一つ目は天地がまだ分かれず、混じり合っている状態を表します。これは天地創造の神話が元で、「世界がまだ形づくられていない、今の世界が作られる前」ということです。

二つ目は入り混じって区別がつかないこと、ハッキリしない様子を表します。ただし現代では大抵、二つ目の意味を示します。文献などでは、一つ目の意味を示すこともあるかもしれません。ちなみに「混沌」は「渾沌」とも書きますが、どちらも同じ意味です。

「混沌」の使い方

上述の通り「混沌」は多くの場合、色んなものが入り混じっていて区別がつかないこと、ぐちゃぐちゃしている様子を指して使われます。

たとえば整頓されていない、雑貨や生活用品が散らばっている部屋を、「混沌とした部屋」と表します。俗に言う「汚部屋」のようなニュアンスです。

また様々な出来事が同時に起きたりして、誰が何をしているのか分からないといった状況で、「混沌とした状況だ」という風に使われます。

「混沌」の例文

  • 「至るところで事件が起きて、街中は混沌としている」
  • 「有名なアイドルたちの公開撮影があり、それぞれのファンが殺到した結果、場が混沌と化す」
  • 「ドリンクバーで、何種類ものジュースを混ぜ合わせた。まさに混沌とした飲み物だ」

「混沌」を表す英語

「混沌」は英語で、「chaos」と表します。この言葉は「カオス」と読み、日本でも店舗の名前やゲーム内など、色々な場所で使われています。また「chaos」は混沌の他にも、秩序がない、大混乱という意味を持っています。

「混沌」の類義語

「混沌」の類義語には、「混乱」、「混同」、「乱脈」などがあります。

「混乱」について

「混乱」は「こんらん」と読み、何が何だか分からないくらい物事が乱れて入り混じること、整理がつかなくなることを表します。

この言葉は「混沌」と非常に似ている意味ですが、比べると「混沌」の方が程度の強いニュアンスです。それは英語の「chaos」に、大混乱の意味があることにも通じます。なので「混沌」と表現するには大袈裟なとき、「混乱」がよく使われます。

「混同」について

「混同」は「こんどう」と読み、この言葉には二つの意味があります。一つ目は区別するべきものを間違えて、同じものとして扱うことです。二つ目の意味は、混ぜて同じものにすることです。

たとえば「公私混同」と使えば、「公事と私事の区別を間違え、同じように扱っている」と伝わります。これは一つ目の意味です。何かが入り混じる、ハッキリしないという部分で、「混沌」に通じているところがあります。

「乱脈」について

「乱脈」は「らんみゃく」と読み、乱れて秩序のないことや、道筋の立たたないことを表します。また書いて字のごとく、脈拍が乱れていることも意味します。この言葉は「混沌」と比べて、乱れているニュアンスが強いです。

たとえば「会社の運営は混沌としている」だと、「運営について、もう訳が分からない」というニュアンスです。一方で「会社の運営は乱脈だ」の場合、「物事の道筋が立っていない、乱れた運営をしている」というニュアンスを与えます。

どちらも「ぐちゃぐちゃ」と表せますが、こうして使い分けると、細かく意味するところに違いが出てきます。

「混沌」の対義語

「混沌」の対義語としては、「秩序」が挙げられます。

「秩序」について

「秩序」は「ちつじょ」と読み、物事を行うときの正しい順序や筋道、もしくは組織や集団の中、調和を保つための決まりを意味します。

調和とは噛み砕いて言えば、整っていることです。たとえば学校に決まりごと、校則がなければ、遅刻したり好き勝手に動く人が出てくるかもしれません。

そういった「混沌」とした状況は正しいと言えず、整っているとも言えないでしょう。なので殆どの組織や集団には決まりごとがあり、「秩序」を保っています。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ