「nope」とは?意味や使い方をご紹介

「nope」は英語で、くだけた言い方の「no」です。日本語で見かけることはほぼなく、意味が通じにくいかもしれませんが、海外のSNSなどでは目にすることがあります。ここでは、返答のほか、強い否定の意味、また動詞としても使われることのある「nope」を解説します。

目次

  1. 「nope」の意味・使い方
  2. 「nope」を繰り返して言うと「無理」
  3. 「nope」に類似のくだけた表現
  4. 動詞の「nope」(比較的新しい用法)
  5. 「nope」のその他の用法

「nope」の意味・使い方

「nope」は「no」の俗語

「nope」は英語の「no(いいえ)」のくだけた言い方です。日本語の文章の中では、外来語としても見かけることはほとんどありません。

読み方は「ノゥプ」、またはpの音を飲み込むようにして「ノー」と発音されます。

「nope」の使い方

英語の「nope」は、基本的に「no」と同様に返事として使います。ただし俗語・くだけた表現であり、正式な話し方ではありませんので、親しい間柄での会話で使いましょう。

【例文】

  • Are you coming, too? -Nope. (あなたも来るの? ーううん)
  • Did Kayden fight with him? -Nope, he didn't.  (ケイデンは彼とケンカした? ーううん、してない)
  • He'll definitely come here. -Nope. He won't. (彼は絶対ここに来る。ーいいや。来ないね)

「no」と「nope」の文法的な違い

「no」との文法上の違いは、「no 名詞」の形で「どの(名詞)も~ない」の意味では使えないことです。

  • No guest bought this cake.(どの客もこのケーキを買わなかった)
  • ×Nope guest bought this cake.

「nope」を繰り返して言うと「無理」

否定の返事としての「nope」の他に、「nope nope nope」とnopeを繰り返す用法があります。この場合、「無理!」や「いや!」という強い拒絶を表しています。

例えば、インターネット上で、気味が悪いものや、とても嫌なものの画像と共に発せられているのをしばしば見かけます。

「nope」に類似のくだけた表現

「no」に対して「nope」があるように、「yes」に対してもカジュアルな言い方があります。更に、「yes」にも「no」にも、もっとくだけた言い方が存在します。表にまとめると、以下の通りです。
 

  標準的な言い方 俗語的な言い方 最もくだけた言い方
肯定  yes yep/yup yeah
否定  no nope nah

それぞれの語を、さらに詳しく解説していきます。

「nope」と「yep/yup」

「No」と反対の意味の「yes」も、「yep」や「yup」と書かれるくだけた形を持っています。

  • 【肯定】yesーyep/yup
  • 【否定】no ーnope

【使い方の例】
  • Is her name Jane? -Yep.  (彼女の名前はジェーン? ーうん)

「nope」と「nah」

「nope」と同様に「no」のスラングとして紹介されることのある単語が、「nah」です。「nope」よりも更に丁寧さが下がり、きちんと返事をしているというより、あいづち的に捉えられることもあります。

  • Is she your girlfriend? ーNah, she's my sister. (あの人、彼女? ーいや、妹)

以下の通り、「nah」は「yes」に対する「yeah」と対照をなします。
  • Have you seen Jane lately? ーYeah, just yesterday. (最近ジェーンに会った? ーああ、つい昨日会った)

動詞の「nope」(比較的新しい用法)

従来は否定の副詞として使われるだけだった「nope」ですが、近年、インターネット上では新たな用法を獲得しています。

特に利用が広まっているのが動詞としての用法で、ひどく驚く、何か(嫌なことから)逃げ出す、拒絶するという意味で使われています。

【例文】

  • When I realized what the ending means, I noped so much.(その結末の意味について理解したとき、むちゃくちゃビックリした)
  • My son nopes veggies. (うちの息子は野菜を拒否する)
  • He nopes out of the room when he saw a dog. (犬を見たら、彼は部屋から逃げ出した)

「nope」のその他の用法

「nope」はスラングとして割合自由に使われる傾向があり、上でご紹介した動詞以外にも名詞や形容詞としても利用されることがあります。「否定の返事」という意味で可算名詞として使われる点は、「no」と同様です。

  • 【名詞】How many "nopes" did this post get?(この投稿は、どれぐらいのバツをもらったの?)
  • 【名詞】so many nopes (ありえないものがたくさん)
  • 【形容詞】a nope spider(耐えがたい蜘蛛)


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ