「imo」とは?意味や使い方をご紹介

「IMO」という言葉の意味をご存知でしょうか?海外で使われているネットスラングで、あるフレーズの略語です。これを使うことによってインターネット上でのコメントがしやすくなる効果があります。本記事では、「IMO」の意味や使い方について解説します。

目次

  1. IMOの意味
  2. IMOの使い方
  3. IMOはニュアンスを自在に変えられる

IMOの意味

「IMO」とは、In My Opinion」の略で、「私の意見では…」「私の考えでは…」という意味を持っています。

賛同を得られそうにないような意見を言うときや、自分の言うことが事実なのかどうか自信がないときに、批判されないようにするための保険として使われることが多いようです。

IMOの使い方

「in my opinion」は文法的には副詞句なので、通常は文頭か文末に置いて使われます。あらかじめ了承しておいてほしいときには文頭に、言いたいことをいった後にフォローを入れたいときに文末に置くと覚えておくとよいでしょう。

「IMO」と表記すると名詞っぽくなりますが、こちらも副詞的に使えることに変わりはありません。

  • IMO, it is best for him not to change his job.(私の考えでは、彼は転職しないのが一番いいです)
  • This TV drama sucks, IMO.(このドラマはつまらないです。あくまで私の意見ですが)

IMOはニュアンスを自在に変えられる

IMOは、「My」と「Opinion」の間に単語一つを加えることで、さまざまなニュアンスにすることが可能です。

たとえば、「humble(謙虚な。控えめな)」を加えて「In my humble opinion」として、「IMHO」と略すと、「僭越ながら私の意見では…」という意味になり、より遠慮した様子を表すことができます。

それに対し、遠慮なく意見を言いたいときに加えるのが「arrogant(横柄な。傲慢な)」。「In my arrogant opinion(IMAO)」は「傲慢な意見ですが…」「ぶっちゃけて言うと…」という意味です。冗談のように、「俺の意見を聞けよ!」という感じにもなるでしょうか。

また、「In my biased opinion(IMBO)」で「私の偏った意見では…」という意味になります。こちらも賛同が得られにくいであろう考えを遠慮がちに述べるときに使えるフレーズです。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ