「マイペース」とは?意味や使い方をご紹介

あなたは「マイペース」と人から言われたことはありますか?褒め言葉として使われているのか、わからない場合もあるのではないでしょうか。この記事では「マイペース」の意味や使い方を解説します。本来どのような意味を持つのか理解しておきましょう。

目次

  1. 「マイペース」の意味とは?
  2. 「マイペース」の使い方
  3. 「マイペース」を英語で表すと?
  4. 「マイペース」の類義語

「マイペース」の意味とは?

「マイペース」の意味①ペースや進度を表す

「マイペース」は、「私の」「自分の」を意味する「my」と、「速度」「進度」「テンポ」を意味する「pace」の二つの単語から成り立っている和製英語です。直訳すると「私の速度」ですが、「自分に合ったペース」「自分に合った進度」を表しています。

「マイペース」は「自分に合ったペース」を指す言葉ですが、「適切なペース」または「(普通のペースよりも)ゆっくりしている」ことを表す場合が多く、「(普通よりも)早い・速い」ことを表す場合にはあまり用いられません。

「マイーペース」の意味②性格を表す


①の意味から派生して、「マイペース」は、「他人に影響されず、自分に合った方法や進度を崩さない」性格や、そのような性格の人を指す言葉としても使われます。

この「自分の進度を崩さない性格」は、「ゆっくりとしたペースを崩さない、おっとりした性格」のことをいう場合自分を曲げない、芯が強い性格」のことをいう場合があります

「マイペース」の使い方

「マイペース」という言葉は、進度を表す場合でも性格を表す場合でも、「他人に影響されることなく自分のペースを崩さない」ことに対して、好意的なニュアンスを含むときと、否定的なニュアンスを含むときがあります。

好意的なニュアンス

「マイペース」が、「自分のペースを把握しているのが良いね」「おっとりしているから安心する」のように好意的なニュアンスを含んでいる場合は、次のように使います。

  • 彼女はマラソン大会をマイペースで走って完走した。
  • 彼は経験は浅いが、自分のやるべきことをマイペースに進められる人だ。
  • その友人は温厚でマイペースな性格なんだよ。

否定的なニュアンス

逆に、「マイペース」を「スピードが遅すぎる」、「もっと他人に配慮して動いて」のように否定的なニュアンスで用いる場合は、次のようになります。

  • マイペースなのは結構だけど、遅刻は困るよ。
  • 納期が迫っているのにずいぶんとマイペースだね。
  • 今の上司はは自己中心的でマイペースな人だ。

「マイペース」を英語で表すと?

最初にご説明した通り、「マイペース」は複数の英単語の意味を合わせてできた和製英語ですので、「my pace」をそのまま英文で使うことはできません。ニュアンスが少しずつ違いますが、英語で「マイペース」を表すと次のようになります。

  • 自分のペース…my own pace
  • 自分のやり方…my own way
  • 他に左右されず自由な…my own person
  • 我が道を行く…going my way

「マイペース」の類義語

ペースや進度を表す場合に用いる「マイペース」の類義語には、「のんびり」「自然体」「自分流」などが挙げられます。

一方、性格を表す「マイペース」の類義語には、「おっとり」「おおらか」「独立独歩(どくりつどっぽ)」「自己中心的」などがあります。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ