「ピッチ(pitch)」とは?意味や使い方をご紹介

「ピッチを上げる」「急ピッチの作業」など、主に作業の速さや能率について使われる「ピッチ(pitch)」。他にも、野球用語や音楽用語としての意味があるのはご存知でしょうか?ここでは、元になっている英語のpitchを含め、「ピッチ」の意味や使い方をご紹介します。

目次

  1. 「ピッチ(pitch)」の意味・使い方
  2. 「ピッチ」は和製英語
  3. 英語の「pitch」

「ピッチ(pitch)」の意味・使い方

「ピッチ(pitch)」には、さまざまな意味があります。ひとつひとつの意味について、その使い方とともに見ていきましょう。

速度・能率

同じ動作を繰り返す場合における速さや、作業の能率のことを「ピッチ」と言います。仕事において「急ピッチで作業する」という表現を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

単純に一定時間で遂行できる作業・動作の割合という意味だけではなく、作業の「調子の良し悪し」を表すニュアンスもあります。

【使い方】

  • 酒に強い彼は、ビールを飲むピッチが速い。
  • 計画が遅れているので、ピッチを上げて作業に臨もう。

投げる

「ピッチ」には「投げる」意味があります。野球の投手を意味する「ピッチャー」が有名ですね。また、水差しのことも「ピッチャー」と呼びますが、これは容器の水をコップに投げかけるイメージです。

また、ビジネス用語として「売り込み」の意味もあります。短い宣伝文句や短時間のプレゼンテーションを顧客やスポンサーに投げかけて、相手を振り向かせる試みのことです。

いずれも、目標を定め、突き刺すように鋭く投げつけるイメージです。

【使い方】

  • ワイルドピッチ(暴投)によって、相手チームのランナーが二塁に進んだ。
  • 良いアイディアだが、投資家へのピッチに成功しないと何も始まらない。

間隔・距離

機械用語で、ねじが1回転した時に進む距離のことを「ピッチ」といいます。「歩み」「刻み」とも呼び、その距離は隣接するねじ山の間隔に相当します。パソコンなどのキーボードにおいて、隣り合うキー同士の間隔も「ピッチ」です。

また、ボート競技においては、1分間にオールを漕ぐストロークの回数を「ピッチ」といいます。速度・能率の意味と似ていますが、こちらはあくまで間隔・距離の指標であり、微妙に使い方が異なるようです。

【使い方】

  • キーピッチが広すぎると、文字が打ちにくい。
  • このピッチを維持すれば、トップの座を死守できるだろう。

角度

坂の傾斜角のことを「ピッチ」といいます。主に「前後の傾き」についていい、三次元の物体がある方向を向いているとき、水平面に対する前後の傾きが「ピッチ」、左右の傾きが「ヨー」、真横への傾きが「ロール」と区別されます。

【使い方】

  • 海が荒れていたせいで、船のピッチング(縦揺れ)がひどかった。

音の高さ

音が上がり下がりすることや、その高低の度合いを「ピッチ」といいます。「音高」「音程」ともいいます。厳密には音の周波数(Hz)を表しており、周波数ぴったりの音が出せれば「ピッチが合っている」ことになります。

【使い方】

  • ここはもっとピッチを上げて歌いましょう。
  • 楽曲制作には、ボーカルのピッチ調整が欠かせない。

物質

化学用語で、諸種の石油・タール類の蒸留後に得られる黒色固形物を「ピッチ」と呼びます。塗料や補正材、身近なところではアスファルトの原料でもあり、車の下部に付着するアスファルトの汚れを「ピッチ・タール」といいます。

【使い方】

  • 車を洗浄したいが、ピッチ・タールはどう落としたらいいだろう。

場所

サッカーなどスポーツにおけるプレイフィールド、競技場のことを「ピッチ」と呼びます。またクリケットにおいては、フィールド中央にピッチと呼ばれる長方形のエリアがあり、ゲームの重要な役割を担っています。

正確な起源は不明ですが、ボールを鋭くやりとりする場所であることから、「突き刺すように投げる」意味が由来となっていると考えられます。

【使い方】

  • けがをした選手が、担架に乗せられてピッチの外へ運ばれていく。

「ピッチ」は和製英語

「ピッチ」は広く日本に浸透し用いられている言葉ですが、これは和製英語であり、英語の「pitch」と同一の意味で使うことはできません。例として、英語「pitch」には「速度・能率」に相当する意味がありません。

日本語における「ピッチ」の意味を英語で伝えたい場合、「pitch」では意味が通らない場合がありますので注意が必要です。

英語の「pitch」

英語の「pitch」の意味はどのようなものなのでしょうか。主なものをまとめると、以下の通りです。

  1. (杭などを)立てる、(テントなどを)張る
  2. ある位置に据える・置く・設定する、敷き詰める、傾斜させる、(音・声を)ある高さに整える
  3. (目標へ)投げる、ほうる
  4. (船・航空機が)縦揺れする
  5. 言い訳する、(強引に)売り込む
  6. 真っ逆さまに落ちる
  7. [名詞](塗装・舗装用の)ピッチ、コールタール
  8. [名詞]歯車で隣接する歯の距離・間隔

カタカナ語と同様、使う場面によってとても多様な意味を持ちますが、「的に向かって、突き刺すように投げる」が核たるイメージであると捉えるとよいでしょう。

和製英語の「ピッチ」とおおむね意味が共通しているものの、よく使われる「速度・能率」の意味がないため注意が必要です。

英語「pitch」の例文

  • The umpire called the pitch a strike.(審判は投球にストライクを宣告した)
  • The roof pitches sharply.(屋根は急角度で傾いている)
  • pitch a tune too high(音程を高くしすぎる)
  • It was pitch black outside.(外は[コールタールのように]真っ暗だった)

「速度・能率」の意味を英語で表現するには

日本語でよく使われる「ピッチ」にある「速度・能率」の意味を表現するには、「speed」「rapid」「fast」など、速度に関係する単語を利用するのが適切です。

「ピッチを上げる」であれば「speed up」、ひとつひとつの作業間隔を短くして能率を高めるというニュアンスであれば、「at a rapid pace」「on a fast track」などの言い方がよいでしょう。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ