「無茶しやがって」とは?意味や使い方をご紹介

ネットなどを中心に使われている言葉「無茶しやがって」。この「無茶しやがって」は単なる「無茶をする」とは、少し違った意味合いで使われています。「無茶しやがって」の意味や使い方、元ネタ、さらには派生語について、紹介していきます。

目次

  1. 「無茶しやがって」の意味と使い方
  2. 「無茶」という言葉の基本的な意味と語源
  3. 「~しやがる」という言い方
  4. 「無茶しやがって」の元ネタ
  5. 「無茶しやがって」の派生語、「ヤムチャしやがって」

「無茶しやがって」の意味と使い方

「無茶しやがって」には、「創作物のセリフとして使われるパターン」、「実在の人間の行動を評価するパターン」、「作品に対する評価として使うパターン」の3つの使い方があります。

セリフとして使う場合

「無茶しやがって」のもっとも一般的な使い方は、アニメや漫画、ライトノベルなどでセリフとして使うパターンです。

勝ち目のなさそうな強敵に挑むも負けてしまい(最悪の場合、死亡)、そのことを知った仲間が贈る哀悼の言葉として使われます。

例文

  • 「……たく、無茶しやがって。……安心しろ、あとは任せろ!」
  • 「死んだ……? そうか……、無茶しやがって……。」

実際の行動に対する評価として使う場合

創作物のセリフとしてだけでなく、実在の人の、実際の行動に対しての評価として使う場合もあります。

普通は二の足を踏みがちなこと、結果がどうなるかわからないことに対して、率先して行動したものの失敗に終わるなどして痛い目を見た人間に対して、「無茶しやがって」と評価をします。

作品に対する評価として使う場合

人の行動ではなく、作品への評価として「無茶しやがって」を使う場合もあります。ニコニコ動画などで、一見無謀とも思われる内容や合成などに挑戦した作品に対して使われる言葉です。「無茶しやがって」というタグがつけられることもあります。

「無茶しやがって」の意味のまとめ

「無茶しやがって」は無謀な行いをした人間に対して、哀悼や皮肉、賛辞などの意味を込めて使う言葉です。それは、上に挙げた3つのパターン、いずれの場合でも共通しています。

「無茶」という言葉の基本的な意味と語源

「無茶」という言葉の基本的な意味は、

  • 筋道が立たないこと
  • 度が過ぎること
  • 無謀
となります。

その語源については諸説ありますが、次の三つが有力と言われています。
  • 来客に対してお茶を出さないさまから「常識外れ」を意味し、それが転じて「筋道が立たないこと、無謀」を意味するようになった。
  • 仏教用語で「自然のままに」を意味する「無作(むさ)」が転じて「無茶」となった
  • 「無造作に」という意味の「むさと」が転じて「無茶」となった

「~しやがる」という言い方

ところで、なぜ「無茶しやがって」なのでしょうか。「無茶をして」というような言い方ではなく、「無茶しやがって」。「~しやがる」という言葉にはどのような意味合いが込められているのでしょうか。

「~しやがる」は「上がる」が転じてできた言葉で、第三者の行動に対して軽蔑や憎しみを込めるときに使う助詞です。ですが、「無茶しやがって」には、「~しやがる」に本来あるような憎しみや軽蔑のニュアンスはありません。

「無茶しやがって」が主に用いられるのは、仲間などの比較的親密な人間に対してです。この場合の「~しやがる」は「好意的な皮肉」と捉えるのが適切でしょう。強敵に立ち向かい犠牲となった仲間に対して、あえて突き放すような表現を使うことで、シニカルに健闘をたたえているのです。

あるいは皮肉を言うことで、仲間を失った自分の悲しみをごまかしているのかもしれません。

「無茶しやがって」の元ネタ

「無茶しやがって」の元ネタは定かではありません。

おそらく、アニメのセリフだろうという説が一般的です。古くは昭和のアニメですでにこのセリフが使われていたという説もあります。

「無茶しやがって」の派生語、「ヤムチャしやがって」

「無茶しやがって」の派生語に「ヤムチャしやがって」があります。人気漫画「ドラゴンボール」の登場人物「ヤムチャ」の行動に対して使う言葉です。

連載当初は強敵として描かれていたものの、黒星を重ねたあげく、彼女であったブルマをベジータに取られるなどして、次第にネタキャラとしての要素が深まっていったヤムチャ。

そんなヤムチャが文字通り「無茶しやがった」時に「ヤムチャしやがって」という言葉を使います。ただし、ヤムチャというキャラクターの性質上、哀悼よりも皮肉・嘲笑の意味合いが強い言葉です。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ