「なまじ」とは?意味や使い方をご紹介

「なまじ」や「なまじっか」という言葉を聞いたことはありますか? 現在、日常生活で使われる機会は少ないので、初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。この記事では「なまじ」の意味や成り立ち、使い方についてご紹介いたします。

目次

  1. 「なまじ」の意味
  2. 「なまじ」の成り立ち
  3. 「なまじ」を漢字で書くと?
  4. 「なまじ」は方言?
  5. 「なまじ」の使い方
  6. 「なまじ」の類似表現
  7. さいごに

「なまじ」の意味

「なまじ」は「なまじっか」ともいいます。

「なまじ」という言葉には、中途半端」「いい加減」「迂闊(うかつ)」「不徹底な様子を表す意味があります。また、そのような態度や状態で行動したことで、良くない結果が生じた場合にも「なまじ」を用いて表現することがあります。詳しくはのちほどご説明します。

「なまじ」の成り立ち

「なまじ」の語源は「生強い(なまじい)」です。「生(なま)」は「いい加減・中途半端」を表す接頭語で、「生返事」「生半可」などにも使われています。この「生」に「強要する・無理にやらせる」という意味を持つ「強いる(しいる)」が付いてできたのが「なまじい」です。

「なまじ」は「なまじい」が省略されたものです。また、「なまじい」は口語表現として「なまじか」ともいわれるようになり、現在の「なまじっか」という語ができあがりました。

「なまじ」を漢字で書くと?

「なまじ」は漢字で「」と書きます。現在では「生強い」と書くことはありません。「なまじっか」の場合は、「憖っか」となります。

「憖」はたいへん難しい漢字ですから、通常は平仮名で「なまじ」と書かれることがほとんどです。

「なまじ」は方言?

たまに方言と勘違いされる方がいますが、「なまじ」は昔から使われているれっきとした標準語です。耳慣れないことと、北海道に「なまら」という方言があるため、混同されるのかもしれません。ちなみに、「なまら」は「とても・非常に」という意味です。

「なまじ」の使い方

「なまじ」「なまじっか」を用いた例文をいくつか挙げてみましょう。

なまじな練習では試合に勝てないぞ」
「難しい仕事なんだから、なまじっかな気持ちで始めるな」

「助けてあげるつもりだったが、なまじ手伝ったせいでかえって迷惑をかけた」
なまじ勉強ができるものだから、不相応な大学を受験して失敗してしまった」

上の二つは「なまじ-なり」という形容動詞の形で使われている例、下の二つは副詞的な用例で、いずれも記事冒頭に記載した「いい加減」「中途半端」といった意味で使われています。また、下の二つは、いい加減・中途半端な状態で行動したせいで、結果が裏目に出たり、失敗に終わったことを表しています。

「なまじ」の類似表現

すでに「なまじ」の意味としてご紹介した「中途半端」「いい加減」「迂闊(うかつ)」「不徹底」をはじめ、同様のニュアンスを持つ言葉はまだまだありますので以下に掲げます。

 

  • 適当
  • 生半可(なまはんか)
  • 疎か(おろそか)
  • 無責任
  • 不完全
  • 不用意
  • 未熟

どれも改めて説明する必要もない言葉ですが、「なまじ」が用いられるケースには、その人物の気持ちや態度がいい加減である場合と、当人は真剣でも、技量が乏しいために結果的に中途半端になってしまう場合があるということです。

先に例文で挙げた「助けてあげるつもりだったが、なまじ手伝ったせいでかえって迷惑をかけた」などが後者で、「下手に手伝ったせいで」のように置き換えることもできるでしょう。

さいごに

以上、お伝えしたとおり、「なまじ」は昔からある標準語ですが、現在ではあまり使われなくなっていることも事実です。せっかくの表現が消えていくのは寂しいもの、今回の記事で「なまじ」の意味をおわかりいただけたと思いますので、どんどん活用していきましょう。

関連するまとめ


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ