「バイバイ」とは?意味や使い方を顔文字を含めてご紹介

「バイバイ」は、さようならの意味を表す挨拶で、一般的に親しい間柄での会話や手紙の最後などに使われます。インターネット上やチャットでは、顔文字やアスキーアートで使われています。この記事では「バイバイ」の意味や使い方、顔文字を含めて解説します。

目次

  1. 「バイバイ」とは
  2. 「バイバイ」の使い方
  3. 「バイバイ」を表す顔文字とは

「バイバイ」とは

「バイバイ」とは、別れる際に使う挨拶です。似た意味の言葉としては、「さようなら」「またね」などが挙げられます。

一般的に親しい間柄で使用する気軽な意味合いが強く、目上の人に使うと失礼になることもあるので注意が必要です。

「バイバイ」は話し言葉のほか、メールやインターネット上の文字文化においても頻繁に使われており、文字・記号を組み合わせて「バイバイ」の表情や動作を表した「顔文字」も多く登場しています(詳しくは後ほどご紹介します)。

英語や中国語の「バイバイ」

「バイバイ」は、英語の間投詞「bye-bye」が由来です。

【英文の例】

  • Bye-bye! Hope to see you again. (さようなら!また会えるのを楽しみにしてるよ。)

さらに、中国でも別れの挨拶で「拜拜(バイバイ)」は使われており、日本語同様その由来は英語から来ていると言われています。

「バイバイ」の使い方

例文

  • バスに乗った僕は、窓から大きな声で手を振った。「先生、バイバイ!」子どもたちの声が響き渡る。
  • 用事を終えて席に戻ると、そこに彼女の姿はもう無かった。テーブルの上には「今までありがとう、バイバイ。」と書かれたメモだけが残っていた。

会話例

学生

(A)

断捨離しようと思って、昨日から大掃除してるの。

学生

(B)

それ良いね!もう使ってない物や服は「バイバイ」した方がスッキリするよ。

「バイバイ」を表す顔文字とは

「バイバイ」はチャットやインターネット上などで、さまざまな顔文字やAA(アスキーアート)として使用されています。主にチャットを途中で退出したり、コメントを書き込み終わる際などに使います。

なお、インターネット上では、「バイバイ」に似た意味を持つ言葉として「落ちる」というスラングも使われています。意味は「ゲームを終了する」「その場から退出する」などであり、ネット上からバイバイするというニュアンスです。

「バイバイ」を表す顔文字

「バイバイ」を表す顔文字は以下のようなものが挙げられます。これらの他にも、独創性のある顔文字が数えきれないほど生み出され、使用されています。

ノヾィノヾィ!(o‘∀‘o)ノ))
Bye-Bye♪|/// |ω・`*)ノ| ///|ウィーン
バイバーイ!スタスタε=ε=ヘ( ´゚д゚)ノ
(^.^/)))~~~bye!!
ヾ(TωT)Byeヾ(TωT)Bye

「手を振る」のジェスチャー

上記の顔文字の例を見るとわかる通り、「バイバイ」は多くの場合「手を振る」のジェスチャーを伴っています。記号「/」や「ノ」で手を表しているわけですね。

「手を振る」の意味や使い方、顔文字などもぜひ以下のリンクからご参照ください。

「手を振る」とは?意味や使い方を顔文字を含めてご紹介

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ