「horizon」とは?意味や使い方をご紹介

皆さんは「horizon」という英単語をご存知でしょうか?日本語で「水平線、地平線」のことを意味します。前向きなイメージのある語で、歌詞などに使われることも多い言葉です。こちらでは「horizon」の意味や使い方をご紹介します。

目次

  1. 「horizon」とは?
  2. 「horizon」:意味
  3. 「horizon」:使い方
  4. 「NEW HORIZON」

「horizon」とは?

「horizon」とは英単語の一つで、「水平線・地平線」という意味を持ちます。日本語においては「水平線」と「地平線」という単語があるので、それぞれ区別して使われますが、英語の場合は同じ単語で表現します。

カタカナ読みにすると<ホライズン・ホライゾン>と読み、どちらの読み方も使われています。<ホリズン>ではないので注意しましょう。

語源

語源はギリシャ語で「境界線」を表す「horos」です。水平線も地平線も境界線であることは同じなので、「horizon」の一語で、水平線と地平線を表します。

「horizon」:意味

水平線

「水平線」とは「空と海の境界線」のことです。地球は球体なので海を眺めても全てを見ることはできず、空と海の境目があるように見えます。かつては、船で水平線まで行くと滝のようになっていると考えられていたそうです。

韓国出身の人気アーティスト東方神起の楽曲に「Purple Line」というタイトルの作品がありますが、夕焼けの赤と海の青が混ざって、紫のように見える水平線を「Purple Line」と表現しているんだとか。

その「Purple Line」を超えれば、理想の世界にいけるだろうという思いが込められてるそうです。水平線には、その先が見えないが故の、ロマンを感じさせる魅力や美しさがありますよね。

地平線

「地平線」とは「天と地の境界線」のことです。大地と空の境目の線のことを指し、水などの海面と空の境目の線のことは「水平線」と呼びます。

ジブリ映画の代表作ともいえる『天空の城ラピュタ』の主題歌「君をのせて」の歌詞に、「あの地平線輝くのは」というフレーズがありますね。

後に続く「さぁ出かけよう」という歌詞からも分かるように、その先にあるものを求めて旅に出るような、水平線と同様、夢に溢れたイメージを想起させるような言葉となっています。

他の意味

本来の「水平線・地平線」の意味が抽象化し、「(知識などの)限界」という意味となり、(興味・知識・経験などの)限界、範囲、展望、視野という意でも使われます。通常、複数形の「s」をともないます。

「horizon」:使い方

水平線や地平線には、先が見えないという点から「まだ見えない未来」を予感させるようなニュアンスがあり、夢を感じるようなポジティブイメージのある言葉です。

そのため、「horizon」はブランド名や楽曲などはもちろん、企業のキャッチコピーや企画などビジネスシーンで使われることも少なくありません。

英語の例文

  • the sun hidden below the horizon(水平線に隠れた太陽)
  • I saw the moon above the horizon.(地平線の上に月が見えた。)
  • She travels abroad to broaden her horizons.(彼女は視野を広げるために外国旅行をする。)

また、「on the horizon」は、「地平線上に」「水平線上に」という意味の慣用表現です。この意味が転じて、「兆しが見える」「近い将来に」という意でも使われます。

一般のビジネスシーンでは、「地平線」「水平線」という意味ではあまり使われず、多くの場合、「兆しが見える」「近い将来に」という意味で用いられます。

【例】
There is no sign of improvement on the horizon.(改善の兆しは見られない。)

「NEW HORIZON」

中学の英語の教科書で「NEW HORIZON」を使っている学校は多いのではないでしょうか。東京書籍が販売しています。

2016年頃から、教科書内のイラストがアニメ調になり、登場人物のエレンベーカー先生が可愛すぎると話題になったこともありました。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ