「サポート」とは?意味や使い方を類語を含めてご紹介

皆さんは日頃からどのくらい「サポート」したりされたりしているでしょうか。支えるという意味を持つ「サポート」ですが、そんな「サポート」なしには達成できなかったという経験は誰しもがあると思います。今回は「サポート」の意味や使い方を類語を含めてご紹介していきます。

目次

  1. サポートの意味と使い方
  2. サポートの類語
  3. サポートと似た言葉

サポートの意味と使い方

サポートは英語表記で「support」と表し、下記のような意味があります。
 

  1. 支えること。支持・支援すること。
  2. メーカーが使用者に対して行う情報提供や保守のサービス。また、その情報を公開するためのシステムや窓口となる部署。
  3. データマイニングの際の、相関分析の指標のひとつで、ある関連購買における支持率を表す。

例文:
  • 新入社員の仕事を指導者がサポートする
  • 新しいパソコンを購入したが操作が分からないので、サポートに問い合わせる
  • パターン認識の新しい手法としてサポートベクターマシンが注目を集めている

サポートの類語

サポートには「支援する」「支える」といった意味が根底にあります。そのサポートの類語がいくつかあるのでご紹介していきます。

支える

「支える」には、励ましたり力を貸したりして助けるという意味があります。最も「サポート」と言い換えやすい言葉です。(例:つらい時やくじけそうになった時に、いつも友達が支えてくれた)

援護する

「援護する」には、困っている人を助け守ることという意味があります。主に人を助ける場面で使用される言葉です。

金や必需品、無形の支援を与えることにより、世話をしたり維持したりするような行動を指します。(例:リストラで退職させられた人を援護する)

介助する

「介助する」には、ひとりでは思い通りに動いたり身の回りのことをしたりできない人のそばにいて、手助けや世話をすることを意味します。

日常生活において助けたり援助したりする場面で用いられます。(例:祖母は少し介助をすることで日常生活を不自由なく過ごすことができる)

励ます

「励ます」には、言葉などをかけて元気がでるようにするという意味があります。精神的あるいは心理的な支援や援助を与える際に用いられることが多いです。(例:彼女にふられて元気がない友人を励ますために食事に誘った)

救済する

「救済する」には、不幸な出来事や災害で生活に困っている人たちを、公の仕事として精神的・物質的に援助し、苦しみから救うことを意味します。

救済はビジネスや政界などでも用いられる言葉です。(例:被災した方々に必要物資を送り生活難から救済する)

サポートと似た言葉

フォロー

「フォロー」には、補い助けること、支援、事態の後を追うことなどといった意味があります。つまり、フォローは、分からないことや問題が起きた時に対応して手助けすることをいいます。

一方サポートは、成果が出るように支援することをいいます。たとえるなら、フォローはマイナスを補う、サポートはプラスαを補うイメージです。(例:これまで仕事で失敗して何度も人にフォローされてきた)

アシスト

アシストには、他人のやっている行為などを手助けするという意味があります。サポートが間接的に手助けする様子であることに対し、アシストは相手が出来ないところを助けてあげる様子を表しています。

手助けの程度としては、アシストの方が上です。(例:仕事を初めて間もない新人を先輩であるあなたがアシストしてあげて下さい)

バックアップ

バックアップには、データやプログラムの破壊・紛失・盗難に備え、あらかじめ複製をとっておくこと、仕事を支援したり援助したりすることという意味があります。

サポートが無事に終えるまで常に支えることに対して、バックアップは予定が上手くいかなかった場合の手助けというニュアンスの違いがあります。(例:転勤してきたばかりで業務になれていないからあなたがバックアップしてあげて下さい)


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ