「サプライズ」とは?意味や使い方をご紹介

日常生活でよく使われる「サプライズ」という言葉をご存知でしょうか?年配の方で「よくわからない・・・」と思われる方も多いのではないでしょうか。この記事を読み終えた頃には「サプライズ」という言葉の意味と使い方を学ぶ事ができるでしょう。

目次

  1. 「サプライズ」の意味とは?
  2. 「サプライズ」の日常的な使い方
  3. 映画「サプライズ」とは?
  4. 「サプライズ」まとめ

「サプライズ」の意味とは?

サプライズは英語で(surprise)と書きます。surprise at ~ で日本語に和訳すると”〜に驚く”という意味です。また、驚くという意味だけではなく”不意打ち”という意味もあります。

英語の例文としては I was surprised at the news  和訳)私はそのニュースに驚いた となります。
英語でも使われる事がよくあるので覚えておいてもよいでしょう。
また、本来の意味に加えて映画「サプライズ」としてタイトル名でも起用されています。
 

「サプライズ」の日常的な使い方

例えば、友人Aが3月3日に誕生日だったと仮定します。その時、私は3月3日誕生日の友人Aのサプライズをしようと計画を立てています。その内容は友人Aには予め伝えず、仲の良かった同級生5人で協力して巨大ケーキを作ってプレゼントするという計画でした。3月3日当日私は友人Aにお茶しようと家に招待しました。何も知らずに私の家にきた友人Aは驚きました!お茶しようと誘われていたのですが仲の良かった同級生5人から巨大ケーキをプレゼントしてくれたのです。

具体例を挙げましたがいかがでしたか?友人や家族に予め計画を伝えずにびっくりして喜んでもらうことが「サプライズ」です。こうした「サプライズ」のあまり泣き出す人も中には居ますし、腰を抜かしてしまう人もいるほどです。それほど「サプライズ」は感動するということです。
具体例では誕生日に巨大ケーキをプレゼントをすることを挙げましたが、記念日やクリスマスなどのイベントの時に「サプライズ」を用意する人も多いですね。
 

映画「サプライズ」とは?

この記事は映画「サプライズ」について説明します。

両親の結婚35周年をお祝いするために恋人エリンと息子のクリスピアンが両親と顔を合わせ、家族仲良くしているところに・・・突如マスクをかぶった羊や狐やトラのマスクを被った人たちが奇襲をしてきます。非常に怖いです。タイトル通りまさに”驚き”ですね。日常的な使い方とは全く使い方が違う事が分かります。

つまり、思いがけない事がやってくる怖さという意味で使われています。こうした使い方は日常的にはあまりないと思われます。あくまでも映画の「サプライズ」という作品だということを覚えておいて下さい。

「サプライズ」まとめ

いかがでしたか?「サプライズ」についてまとめました。
前者はイベントや記念日などの日にプレゼントなどを用意して相手をびっくりさせて感動してもらう意味で使われていましたが、後者では思いがけない事がやってくる怖さという意味で使われていました。場面毎で使い分けをしていることがお分かりいただけたかと思います。

今後、誕生日やお祝いでプレゼントを渡す時には「サプライズ」をしてみてください。友人や家族に思いがけない感動を与えられるのではないでしょうか。英語でも「サプライズ」は使われているので日常会話で使うことで英語で周りの人から”英語ができる人”と思われるかもしれませんね。「サプライズ」の意味について聞かれた時も教えてあげることで相手から物知りな方だと思っていただけると思います。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ