「レンチン」とは?意味や使い方をご紹介

みなさんは「レンチン」と言う言葉を使った事がありますか?電子レンジで温めることを指すこの言葉。何気なく使っている人も多いかと思います。「レンチン」は一体どこから生まれた言葉なのか、「レンチン」の詳しい意味と使い方について紹介したいと思います。

目次

  1. 「レンチン」とは?
  2. 「レンチン」の由来は?
  3. 「レンチン」は死語?
  4. 「レンチン」まとめ

「レンチン」とは?

「レンチン」とは電子レンジで調理したり、温めたりすることを指す言葉です。この言葉は「電子レンジ」と電子レンジが調理完了を知らせる時になる「チーン」と言う音を組み合わせて縮めて作られた言葉です。「チン」の響きだけを残して「チンする」と言う動詞が使われることも多いです。

「レンチン」の使い方は、電子レンジで何かを温める時に「レンチンしといて」「冷蔵庫のものをレンチンして食べて下さい」と言う風に使います。

「レンチン」の由来は?

電子レンジがで始めた頃に、光源氏の『チンチンポテト』と言う冷凍食品のCMが頻繁に流れていたそうです。「チンする」と言い始めたのはその頃であると言う説があります。

「レンチン」は死語?

「レンチン」を何気なく日常的に使っている人も多いかと思いますが、「レンチン」が死語であると主張する人もいます。現在の電子レンジの多くが温め終わった時に「チーン」とは鳴らないそうなのです。「ピピピ」であったり「ピー」となるのがほとんどだそうで、「チン」と言うとトースターを連想してしまうと言います。

電子レンジをはじめとした様々な家電で有名なシャープもツイッターの公式アカウントで”レンチンはわりと死語”と発言した事が話題となっていました。

「レンチン」まとめ

コンビニ等でお弁当なんかを買った時に「温めますか?」ではなく「チンしますか?」と尋ねる店員さんも多いですが、「レンチン」では伝わらない人もいるようなので使う時は気をつけたほうがいいかもしれないですね。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ