「サイリウム」とは?意味や使い方をご紹介

「サイリウム」をご存知でしょうか?「オオバコ科の植物種子の皮殻から抽出した食物繊維」を指す場合と、ケミカルライト(化学発光による照明器具)その中でも音楽ライヴ等で使われる、棒状小型ライトの一部を指す場合があります。当記事では、この両方についてご紹介します。

目次

  1. 「食物繊維」「植物」としての「サイリウム」
  2. 「ケミカルライト」としての「サイリウム」
  3. ライトとしての「サイリウム」の使われ方
  4. ライトとしての「サイリウム」の危険性
  5. ライトとしての「サイリウム」による「芸」

「食物繊維」「植物」としての「サイリウム」

hikari1.6.10さんの投稿
26227513 240585366480225 8937206251482251264 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「サイリウム」とは、主にオオバコ科の植物、「インドオオバコ(プランタゴ・オバタ)」の種の皮殻から精製される、主に水溶性(一部、不溶性のものも少量含む)の食物繊維を指す言葉です。作用としては、食物繊維だけに、吸水・膨張、吸着、整腸、血糖値抑制や血液中の脂質を調整するなど、健康によい効果があるとされています。特定保健用食品に関与することが許可されており、日本国内で食物繊維成分を含む健康食品、特定保健用食品の中には、この「サイリウム」由来の食物繊維を使用しているものがあります。

また、オオバコ科オオバコ属の一年草である「エダウチオオバコ(Plantago psyllium L.)」の学名でもあります。この種や種の皮自体が生薬として用いられる場合もあり、欧米では下剤のひとつに数えられます。

「ケミカルライト」としての「サイリウム」

akitosannnさんの投稿
49906883 251775665719910 8543703034211542474 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「ケミカルライト」とは、「化学発光」つまり化学反応によってエネルギーが放出する光を、照明として利用する照明器具の総称です。一般的にはこれら照明器具全般を指す言葉として「サイリウム」が用いられますが、厳密には「サイリウム」は一企業の登録商標であり、ケミカルライト全般を指す言葉ではありません。しかしながら、「ケミカルライト」よりも「サイリウム」の呼称のほうが広く知られており、日常的に会話で使う限りには、「サイリウム」といえばこれらケミカルライト全般を指すと認識してよいでしょう。

また、釣具・玩具としての「サイリウム」の登録商標を所持している株式会社ルミカにちなんで、「ルミカライト」、棒状のものを指して形状から「スティックライト」と呼ばれることもあるようです。

ライトとしての「サイリウム」の使われ方

ケミカルライトの技術は、軍隊の戦闘用ライトや作戦用の照明などにも高度に用いられています。一般においては、自動車の夜間トラブルや、停電、災害時の注意表示、また夜釣りの浮きとして広く利用されています。また、ライヴ・コンサートなどの会場で光の演出として用いられるほか、一部のジャンルでは、観客側がライヴ・コンサート観賞時の応援として持ち込む風習があります。

このライヴ・コンサートにファンが用いる風習の発端は、1974年に西城秀樹氏が行った夜間コンサートにおいて、ファンに対して「夜で暗いから、みんなが見えるように、手持ちの電灯を持ってきてね」と呼びかけたことにあると言われています。当時は懐中電灯などが主流だったようですが、徐々にケミカルライトが使われるようになり、現在では幅広い音楽ジャンルでファンによる応援として用いられています。

ライトとしての「サイリウム」の危険性

ケミカルライトは化学反応を用いるもので、成分の中に過酸化水素を含み、また化学反応による副生成物としてフェノールが発生します。この液体が目に入ったり誤飲したりすると人体に有害となり、個人使用する範囲のライトであれば少量であるため極端に大きな健康被害はないとされてはいるものの、目に入った場合は特に、医療機関での診断・治療が推奨されています。

また、ケミカルライトはポリエチレン製の筒の中に発光機構が密封されているもので、小型・棒状で手から滑り落ちやすいにも関わらず、損傷しやすく、また損傷した場合は上述の有害な内容物が外に出るおそれがあり、使用には注意が必要です。

これらの事情から、日本をはじめいくつかの国では昨今、ケミカルライトからLED電球を用いたスティックライトに代替が進みつつあり、このスティックライトを指して「サイリウム」と呼ぶ場合もあります。

ライトとしての「サイリウム」による「芸」

muramasa_03さんの投稿
35459280 160802507974092 2828903406628765696 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

最近では、若者の間で「サイリウム」といえば、食物繊維よりはライトとしての認知度のほうが高いでしょう。近年では、いわゆる「アイドルオタク・ヲタク」と呼称されがちな一部の層が、ライヴ・コンサートなどで繰り広げる特徴的な応援(掛け声、踊り)が「ヲタク芸」略して「ヲタ芸」などと呼ばれていますが、この「ヲタ芸」のひとつに、サイリウム(スティックライト)を持って踊るパフォーマンスが存在します。

「ヲタ芸」「サイリウムダンス」などと呼ばれるこのパフォーマンスは、暗所でサイリウムを持って(時に集団で)踊ることによる光の軌跡の美しさにより、アイドルファン以外の層にも人気があり、アイドルのライヴ・コンサートの応援ではない、「スティックライトを持って踊る、光の軌跡によるパフォーマンス」としても広まりつつあります。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ