「この機に」とは?意味や使い方をご紹介

「この機に」という言葉をご存知でしょうか?ビジネスシーンでもよく使われる言葉なので、あまり意味は考えずに定型文のように使った経験のある人もいるのではないでしょうか。この記事では、「この機に」という言葉の意味や使い方について解説します。

目次

  1. 「この機に」とは?
  2. 「この機に」使い方
  3. 「この機に」に関連した言葉
  4. 「この機に」英語での表現
  5. 「この機に」と「この期に」の違い

「この機に」とは?

「この機(き)に」とは、「今回のことをきっかけに」「これを転機に」という意味で使われる言葉です。ポジティブな方向に向かうときに使われるのが一般的で、「これを機に」も同じ意味の言葉です。

「機」とは?

「機」は、音読みが「キ」、訓読みが「はた・からくり・きざ(し)・はずみ・おり」の漢字です。主な意味は次の通りですが、「この機に」の「機」は、4の意味で使われています。

  1. 布を織る機械。はた。「機業」
  2. 細かい仕組み。しかけ。「機器」
  3. 大切な部分。知られていないこと。「機密
  4. きっかけ。きざし。「好機」
  5. 心や物事のはたらき。「機転」
  6. 飛行機の略。

「この機に」使い方

  • 健康診断の数値がかなり悪く、医師の指導を受けることになった。この機に生活習慣を見直し、健康な生活を取り戻そうと思う。
  • この夏の暑さで酷使したエアコンがとうとう壊れてしまった。10年使ったことだし、この機に最新のものに買い替えることにしよう。
  • 実家の父が、定年退職を迎えた。この機に、いままでやりたくても時間が取れなかったガーデニングに取り組むことにしたらしい。

「この機に」ビジネスシーンでの使い方

「この機に」をビジネスシーンで使うときには、文章の最後を敬語で終わるのがふさわしいとされています。また、「こちらを機に」や「これを契機に」と言い換えると、よりていねいな印象になります。

【例文】

  • この機に~させていただきたいと存じます。
  • この機に~させていただければ幸いに存じます。
  • 今回は、弊社の商品サンプルをお使いいただきありがとうございました。こちらを機に、弊社商品を末永くお使いいただければ幸甚に存じます。
  • 本日、育休より復帰してまいりました。これを契機に、家庭で直面した様々な問題解決のためのスキルをより仕事に活かしていく所存です。

「機」を「チャンス」と言い換えても意味合いとしては同じになりますが、「チャンス」というカタカナ語は軽い印象を与えることもあるので、ビジネスシーンでは使わないほうが良いとされています。

「この機に」に関連した言葉

「この機に」は、上記のほかにも次のような言葉で置き換えることができます。

  • これを好機ととらえて
  • これをチャンスととらえて
  • これをご
  • これを転機に
  • これを節目

「この機に」英語での表現

「この機に」を英語で表現すると、次のようになります。

  • on this occasion(occasion:機会)
  • take this occasion
  • taking this opportunity(opportunity:機会)
  • with this opportunity

【例文】
Would you please consider this offer on this occasion?(この機に、このオファーを検討してはいただけませんか?)

「この機に」と「この期に」の違い

「この機に」と混同されやすいのが、「この期に」という言い方です。「期」には、「機」とおなじ「き」という読み方があるので、二つの言葉を混同しやすいようです。ですが、「この機に」と同じ意味で「この期に」と使うのは誤りです。

「期」とは?

「期」は、音読みが「キ・ゴ」、訓読みが「とき・ちぎ(る)・き(める)」の漢字です。主な意味は次の通りですが、「期」には、「機」のような「きっかけ」という意味はありません。

  1. 定められた時点・日時。「期限」
  2. 一定の期間。「学期」
  3. 願うこと。約束すること。「期待
  4. 一年、一月などの一回り。「期年」

「この期に及んで」とは?

「この期(ご)に及んで」とは、もうこの時になってしまっているのに、今さら遅いという意味の言葉です。

【例文】
試験は明日に迫っているというのに、この期に及んでまだテキストで読んでいないところがあるだなんて、今まで何をやっていたの?


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ