「セクション」とは?意味や使い方をご紹介

「セクション」という言葉をどこで使うでしょうか。英語のテキストや単語帳などでよく見るかもしれません。「セクション1を読んでくるように」など言われたことがあるかもしれませんが、それは何を意味するのでしょう。ここでは英語表現を含めた意味や使い方をご紹介します。

目次

  1. 「セクション」の意味
  2. 「セクション」の使い方
  3. 「セクション」の英語での意味や使い方

「セクション」の意味

「セクション」の意味とは何でしょうか。「section」は「sect(切られる)+ion(こと)」が原義で、「セクション」は「全体から切り分けられた部分」というのが基本的な意味になります。

区分や区画などを表し、セクションペーパーいわゆる方眼紙も紙全体を細かいマス目に区切ってあることから出た呼称です。また、文章などを内容ごとに分けるという意味もあり、節(セクション)が集まって章(チャプター)を形成します。

「セクション」から派生したセクショナリズムという言葉がありますが、これは自分の属する党派に固執して他を排除しようとする傾向なので、組織の区切りはある種の縄張りであるといえます。

「セクション」の使い方

「セクション」はどのような使い方をするでしょうか。最もよく見かける使用例でいえば、やはり書物の各章を構成する節という意味合いにおいてでしょう。

  • 英単語を毎日1セクションごとに暗記することにした。

また、文書作成ソフトのWordにはセクション区切りという機能がありますが、これはヘッダーやフッター、印刷の向きなど文書全体に効いてしまう設定を、ページを区切ることで個別に設定できる機能のことです。これもひとつの節目ですね。

「セクション」の英語での意味や使い方

「セクション」の英語における意味や使いかたを見ていきましょう。「section」は大きく分けて以下の4つの意味で使われます。それぞれ詳しくご紹介していきます。

  1. 分けられた部分
  2. 構成要素としての部分
  3. 紙面を区切った部分
  4. 会社・団体の一部分

分けられた部分

「分けられた部分」としての「section」は区分や区域、また旅行などの区間を意味します。似た語である「piece」や「part」よりも堅いニュアンスになります。

  • He cut a pie into three sections.(彼はパイを3つに分けた)
  • This is not the smoking section.(ここは喫煙コーナーではありませんよ)

構成要素としての部分

「構成要素としての部分」という意味での「section」は家具や車など組み立てて完成するものの部品を指します。またミカンなどの室や房についても使います。

  • This is a bookcase in sections.(これは組み立て式の本箱です)
  • He lost the sections of robot.(彼はロボットの部品を紛失した)

紙面を区切った部分

「紙面を区切った部分」としての「section」は新聞や雑誌などの欄書物の節を意味します。また法令文の項の意味もあり、この場合「条(clause)」の下位区分になります。

  • Chapter three has seven sections.(第3章には7つの節がある)
  • My father like to read the sports section of a newspaper.(私の父は新聞のスポーツ欄を読むのが好きだ)

会社・団体の一部分

「会社・団体の一部分」としての「section」は会社や組織における部や課といった部門を意味します。しかし「division」や「department」にも似た意味があり、定義は国や会社によってまちまちですが、一般に「section」は「division」や「department」の下位組織として位置づけられています。

  • The sales department has three sections.(販売部には3つの課がある)
  • I have seen the section chief already.(私はすでに課長には会いましたよ)

ちなみに日本では官公庁によって表現が統一されており、「部(department)」「課(division)」「室・署(office)」「班(section)」「係(unit)」の組織構成になります。

また、大きな集団を構成する一団を意味する例としてはオーケストラの「the brass section(金管楽器セクション)」などがあります。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ