「ban」とは?意味や使い方をご紹介

「ban」という言葉の意味を知っていますか?インターネットでゲームやSNSをする人なら一度は見聞きしたことがあると思います。しかし、実際にどんな時に使うのか詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では「ban」の意味や使い方を詳しくご説明します。

目次

  1. 「ban」の意味
  2. 「ban」の例文
  3. 垢banとは
  4. banの同義語

「ban」の意味

  • (法律などにより)~を禁じる、~を禁止する、~ができないようにする
  • (教会からの)破門、追放
  • (大衆からの)非難、酷評
  • (人に対する)のろい
  • ルーマニアの貨幣単位
「ban」には上記のとおりさまざまな意味がありますが、SNSやインターネットのゲームでは「禁止する・~ができないようにする」という意味で使われています。

「ban」の例文

  • 彼はゲームで不正をしたせいでbanされてしまった。
  • ban atomic weaons.(核兵器は禁止されています)

垢banとは

「垢ban」という言葉を聞いたことがありますか?主にインターネットゲームなどでよく使われている言葉で「アカバン」と読みます。

垢とはアカウントの事ですので、アカウントがbanされる、つまり運営側が設けたルールを守れていないユーザーのアカウントが使用禁止になってしまったという意味です。

アカウントをbanされても一定期間で復帰できる場合もありますが、悪質な場合は永久にゲームが出来ないように「永久ban」されてしまうようです。これはゲームユーザーが最も恐れている事の一つではないでしょうか。

banの同義語

同じ意味の英語は他にもあります。「forbid, prohibit, ban」これらは全て禁止という言葉ですが、禁止の度合いによって使い分けられています。

「forbid」は番日常的に使われる言葉です。「18歳未満の方は入場できません」というような軽い禁止事項に使われます。一方「prohibit」はもう少し堅く、「この食べ物は輸入を禁止されています」というような、公的に禁止されている時に使われます。

そして「ban」はこの中で一番厳しく「禁止」している時に使います。具体的には禁止を破れば批難の対象になるような時ですね。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ