「シック」とは?意味や使い方をご紹介

「シックなコーディネート」「この間行ったお店のインテリアがシックだった」など、ファッションやインテリアでおなじみの「シック」という言葉、意味もわからずなんとなく使っていませんか?この記事では「シック」の意味や使い方について解説します。

目次

  1. シックの意味
  2. シックの例文
  3. シックの比較級
  4. シックの類義語と対義語

シックの意味

シックは「chic」と書き、しゃれた、上品な、あか抜けたといった意味のフランス語です。フランス語で「熟練,技術」の意を持つchicaneから来ているという説があり、そこから「熟練された着こなし」→「上品であか抜けた」という意味で使われるようになったと言われています。

ファッション・インテリアにおけるシック

ファッションやインテリアとしてのシックは、日本では形容詞として「このブランドの服はどれもシックだ」「シックなインテリア」のように使われます。

「シックなファッション」に明確な定義があるわけではありませんが、白や黒を中心に、グレー、カーキ、ネイビー、ベージュ等落ち着いた色ででまとめたファッションが「シックなファッション」と言えそうです。デザインもすっきりシンプルであることが特徴です。

ではインテリアとしてのシックはどうかというと、やはり白や黒を中心に、すっきりシンプルなインテリアが「シックなインテリア」というイメージではないでしょうか。

シックを含む系統

アパレル・インテリア用語ではほかの言葉と組み合わせて、「モードシック」「ナチュラルシック」のように使われることもあります。

  • モードシック…モードは最新の流行やファッションの意。その年に流行したデザインを取り入れた、上品で落ち着いたデザインを表す。
  • ナチュラルシック…ダークブラウン等の暗めの木材をふんだんに使い、温かみの中にも落ち着きを感じさせる雰囲気を表す。
シックの前に使われる「モード」や「ナチュラル」は、「モード系ファッション」「ナチュラル系ブランド」のように「○○系」という使い方ができますが、「シック系」という使い方はできないので、注意が必要です。

病気を表すシック

シックにはもう一つ意味があります。英語で書くと「sick」で、「病気であること」という意味になります。よく使われるのが「ホームシック」、日本語で言うと「懐郷病」ですね。「自分の家族や故郷から遠く離れている者が、それらを異常なほど恋しがる病的状態」を指します。

ただし日本では、「シック」単体を病気という意味で使用することはあまりないので、基本的には「シック」はファッション・インテリアのイメージの系統と認識してよいでしょう。

シックの例文

  • 「今日はシックな格好してるね」
  • 洗練されたシックなデザインが売りのデザイナーズマンションが人気だ。
  • このブランドの服はどれもシックで、大人の女性にぴったりだ。

シックの比較級

シックは元はフランス語ですが、すでに英語に取り入れられています。比較級はchic-chicquer-chicquestです。

シックの類義語と対義語

  • 類義語…スマート、スタイリッシュ、洒落た、粋、ファッショナブル、いなせ
  • 対義語…野暮ったい、田舎っぽい、子供っぽい、派手な


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ