「病は気から」とは?意味や使い方をご紹介

「病(やまい)は気から」という言葉を使った経験はありますか?もしかすると、この言葉で励まされたという方もおられるかもしれません。日常的によく使う言葉ですが、意味を深く考えることは少ないのではないでしょうか。では「病は気から」の意味や使い方を詳しく解説します。

目次

  1. 「病は気から」とは
  2. 「病は気から」の使い方
  3. 「病は気から」の由来
  4. 「気」=「気の持ちよう」で正しい?
  5. 似た表現・似ているようで違う表現

「病は気から」とは

「病は気から」とは「病気を起こすのも治すのも(重くなるのも軽くなるのも)、気の持ちようひとつである」という意味です。「病は気より」としても同じ意味になります。

戯曲「病は気から」

フランスの劇作家・モリエールの1673年発表の作品に「病は気から(Le Malade imaginaire)」という題名の戯曲が存在します。死と医者を極端に怖がる、憂鬱性の男を主人公にしたブラックコメディーです。ちなみに、モリエールはこの劇の上演4日目に舞台で喀血して倒れ、そのまま帰らぬ人となったそうです。果たしてモリエールの「気の持ちよう」がどうだったのか、気になるところです。

「病は気から」の使い方

予防的に

  • 「そんなにふさぎ込んでいると、病気になってしまうよ。病は気からと言うじゃないか」
  • 「病は気からですから、常に前向きに考えていれば、病気もしませんよ」

病気の人への励まし
  • 「病は気からだ。日々、明るい気持ちで過ごしていると、症状は改善するに違いない」
  • 「病気に負けないためには、病は気からと言う通り、気持ちを強く持つことが大事だ」

「病は気から」の由来

日本の古典文学『太平記』(1370年ごろ)には、以下のような記述があります。
 

諸病は気より起る事にて候へば、気を収むる薬には(以下略)

病に伏せた足利直義の北の方(正妻)を診察した医者が言った言葉の中に、こうした言い回しがありました。「病気は気が滞ることによって起こるものなので、気の流れを良くするような薬を飲むとよいでしょう」と言っています。つまり、古くはこの「気」の考え方が、「病は気から」の元になったと考えられます。

「気」とは

それでは「気」とは何かについて、解説していきます。中国の漢代の医学書(『素問』『霊枢』)の中に、「気」の考え方について触れた部分がありました。それによると、人の体には12の経脈とその分枝である脈管が存在し、そこを気と血が流れているとしています。

気は四季や時刻の移り変わりに対応して形や強さを変え、人体の生理現象を営んでおり、気の調和が取れていれば健康であるし、調和が乱れれば病気になるといいます。ですから、現在の「病は気から」というときの「気」=「気の持ちよう」という捉え方とは、だいぶ異なっていたようです。

「気」=「気の持ちよう」で正しい?

では「気」を「気の持ちよう」と解するのは誤りかというと、決してそうではありません。

プラセボ効果

プラセボとは偽薬のことで、薬理効果のない薬のことです。臨床医学において、薬物の効果を比較・判定するための対象薬として使用されます。一般に内服薬では乳糖、注射薬としては生理食塩水が用いられるそうです。そして、薬理作用によらない暗示的な治癒効果のことを、プラセボ効果と言います。つまり、病気とは直接関係ない偽薬を飲んでいても「効いたぞ! これでよくなる!」という意識を持てば、本当に症状が改善する(ことがある)ということです。ただし、この効果が表れる人とそうでない人がいるようです。

ストレスに起因

ストレスを抱えている場合、ストレスホルモンであるコルチゾールが大量に生産されます。このコルチゾールが過度に、長期間にわたって生産されれば、免疫系を抑制してしまうことがあるのだそうです。影響は様々ですが、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなったり、頭痛、あるいは心臓発作を引き起こす原因となることもあります。「気の持ちよう」をストレスのコントロールだとすれば、「病は気から」は的を射ている表現だと言えるでしょう。

似た表現・似ているようで違う表現

同じ意味で
「病は気ひとつ」「病は気で勝つ」

やっぱり食欲?
「病は食い勝つ」

食べてばかりも危険
「病は口から(入り、禍は口から出る)」

たまには病気もしたほうが?
「病上手に死に下手」「病と命は別物」

やっぱり病気はないのが一番
「病は身の惚け(ほうけ)」「病と不運は付いて回る」


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ