「スルーパス」とは?意味や使い方をご紹介

皆さんは「スルーパス」という言葉をご存知でしょうか。サッカーにおけるパスの種類の中で、もっともゴールに直結するパスであり、サッカー観戦でスルーパスが決まったときは非常に盛り上がります。ここでは「スルーパス」の意味や使い方をご紹介していきます。

目次

  1. スルーパスとは
  2. スルーパスの使い方
  3. スルーパスのメリット
  4. スルーパスを成功させるために必要なこと
  5. ファンタスティックなスルーパスの連続!動画紹介

スルーパスとは

スルーパスは、相手の選手と選手の間を通すパスを指す和製英語です。英語では「penetrating pass」「through ball」と言います。

普通のパスは、通常味方の足元にボールを蹴りますが、スルーパスは味方の走りこむスペースに向かってボールを蹴ることが多いです。

すなわち、スルーパスとは、ディフェンスの背後にある誰もいないスペースに走り込んでくる味方へ、ディフェンスの間を通して出すパスのことなのです。

スルーパスの使い方

①スルーパスを成功させ、味方が勝ち越しゴールを決めたとき
「見事なスルーパスで勝ち越しゴールを演出したね」

②スルーパスを警戒してディフェンスが下がり過ぎているとき
「スルーパスを警戒してディフェンスラインが下がって、中盤にスペースができてる」

スルーパスのメリット

ディフェンスにとってスルーパスを通されることは非常に脅威であるため、そうならないように組織的に守備をします。なぜ脅威であるかというと、スルーパスが成功することにより、攻撃側に以下の2つのメリットが生じるからです。

得点に繋がるチャンスを作り出せる

スルーパスが成功すればディフェンスを一気にかわすことができるため、ゴールキーパーと1対1となるような、得点に結びつくチャンスが生まれます。

ディフェンスを弱体化することができる

スルーパスが通ると、ディフェンスは自分のゴールに向かいながら守備することになります。そうすると背後に対する視野が狭くなり、後ろから走り込んでくる相手に対して弱くなってしまいます

そこでディフェンスの背後にいる選手に対してパスを出せば、ディフェンスの反応が遅れ、シュートしたり、さらにパスを出したりと、次のプレーに余裕が生まれます。

スルーパスを成功させるために必要なこと

スルーパスは守備側にとって非常に脅威ですが、簡単にスルーパスを成功させられるわけではありません。スルーパスを成功させるためには、最低でも3つの要素が必要となってきます。

スペースを見つけ出す眼

スルーパスは、スペースにパスを出すので、パスの出し手はディフェンスに奪われないようなスペースを見つけることが重要です。

そのためには、常に周囲の状況に気を配り、味方と敵の動きを把握しなければいけません。よって、俯瞰で見ることができ、広くピッチを把握するための眼が必要になります

味方が受けやすいパス

味方はディフェンスの背後に走り込みながらパスを受けます。その際、相手を引き離すためにトップスピードでパスを受けた方が、ディフェンスを置き去りにできます。そのためスピードを殺さない絶妙なタイミングと速さのパスが必要になります

またパスが強すぎても次のプレーに支障が出るため、味方がシュートやトラップしやすい性質のパスを出すことも大切です

味方との連携・イメージの共有

味方の走り出しとパスのタイミングが合わなければスルーパスは成功しません。走り出しがパスより早ければオフサイドになりますし、遅ければ味方にパスが通りません。それ以前に、同一のスペースを狙うイメージができていなければ成立しないのです。

つまり、パスの出し手と受け手がイメージを共有し、タイミングを合わせることができなければ、スルーパスは成功しないのです。他のパスと比較すると難易度はかなり高いけれど、成功すればディフェンスを置き去りにしてゴールへ向かうことができます。

ファンタスティックなスルーパスの連続!動画紹介

世界に名だたる名パサー達の素晴らしいスルーパスの数々を、動画でご覧いただきたいと思います。この動画をご覧になれば、スルーパスの魅力やスルーパスがどれほど重要であるかを理解していただけるのではないでしょうか。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ