「でっていう」とは?意味や使い方を元ネタを含めてご紹介

「でっていう」は「だから?」や「それがどうした?」と言った意味を含んだ言葉ですが、任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」に登場するキャラクター「ヨッシー」の俗称としても使われます。今回は「でっていう」の元ネタも含め、意味や使い方をまとめて見ました。

目次

  1. 「でっていう」とは?
  2. 「でっていう」=ヨッシー?
  3. 「でっていう」の使い方は?
  4. まとめ

「でっていう」とは?

でっていう」は「(それ)で?(だから何)って言う」が縮まって出来た言葉で、「だから?」や「それがどうした?」と言った意味を含んでいます。みなさんも一度はインターネットで見た事があると思います。

元々は2000年頃、CMで俳優の窪塚洋介さんが「で?って言う」と発言していた事が始まりと言われています。その後SMAP×SMAPのコーナーで香取慎吾さんが窪塚さんの真似をしながら「でって言う」と連呼していた事から広まっていきました。

「でっていう」=ヨッシー?

「でっていう」には上記で紹介した意味の他に、もう一つネット上で頻繁に使われている意味があります。それは任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」に登場するキャラクター「ヨッシー」を指す意味です。

「スーパーマリオワールド」でヨッシーが卵から孵る瞬間であったり、マリオがヨッシーに乗った時に鳴る効果音が「でっていう」と聞こえることからこの意味が使われるようになりました。

(確かに、実際聞いてみると「でっていう」と言っているように聞こえるかもしれません。)

「でっていう」の使い方は?

では実際「でっていう」はネット上でどのように使うのでしょうか。

①「だから?」「それがどうした?」の意味で使われる場合

「だからなんなの?」というツッコミとして使います。何かの出来事を語る際、「で?っていう(別に大した事じゃない。この話は終わり。)」という感じで会話を切り上げるサインにもなります。

例文を挙げると

「昨日私空飛ぶ夢見たんだよね〜。でっていう

という使われ方をします。

②ヨッシーの俗称として使われる場合

ゲーム中の効果音からヨッシーのことを「でっていう」と指す事がネット上で広まり、今ではヨッシーをちょっと小馬鹿にして呼ぶ時などによく使われます。

例をあげると

「スマブラでおすすめのキャラクターいる?」
でっていうが使いやすいよ!」


と言った風に使われます。

まとめ

いかがでしたか?二つの異なる意味を含む言葉だからこそ、上手く使い分けられるといいですよね。また、「でっていう」こと「ヨッシー」には多くのAAが作られています。そちらも調べてみると面白いですよ。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ