「ゲスい」とは?意味や使い方をご紹介

ゲスいとは、何となく人を軽蔑する意味合いで使われたり、やっていることをふざけて批判する時に返答したりする時に使われるイメージがあります。しかし、ゲスいとはどのような意味かはっきりとは分からない人もいると思われます。言葉の本来の意味や使い方を紹介します。

目次

  1. ゲスいとは?
  2. ゲスいとはどのように使うか?
  3. ゲスいの類語

ゲスいとは?

「ゲスい」とは、「卑しい」「下劣な」という意味です。「ゲス」という名詞の下に、接尾語の「い」がついて形容詞の形に変化した語句です。

「ゲス」の漢字表記は「下種」・「下衆」・「下司」・「下主」があります。この言葉自体は「身分が低い者」や「品性がひどく劣っていて、能力が十分に備わっていない人」という意味です。どの漢字を用いても同じ意味です。

ゲスいが広まった理由とは?

「ゲスい」は日常的な会話では使われても、ビジネスの場や公的な場、手紙などの書き言葉では使われません。

「ゲスい」という語句が広まったのは、関西出身の男性芸人がトーク番組などで使っていたのが由縁ではないかと言われています。関西以外の地域の場合、テレビで「ゲスい」という語句は聞いたことがあっても、具体的な意味がよく分からないという人もいるかもしれません。

ゲスいとはどのように使うか?

「ゲスい」は、人の性格や心持ちが卑しく、下劣で品性がない様子を非難したり、相手を下に見て馬鹿にしたりする意味で使われることが多いです。

ただし、相手に軽く「ゲスいな!」と言うのであれば、単に「どうしようもない奴だな」という感じで、軽くふざけているようにも感じられます。相手との関係や話をしている時の状況で、意味が変わってくるでしょう。

【例文】

  • あのゲスい女は、金持ちそうな男にしか色目を使わない。
  • ゲスい発言はほどほどにな。
  • 口を開けば金儲けのことで、ゲスい奴だな。
  • 女遊びばかりしてゲスいおっさんだ。

ゲスいの類語

「ゲスい」の類語には「狡(ずる)い」「卑劣(ひれつ)」などが挙げられます。

  • 狡い…自分が得するために人をごまかし、上手く立ち回る悪賢い性質という意味
  • 卑劣…下品で言動などが卑しいことや、人柄や考え方が低く劣っていること。また、そのような人の様子。

「狡い」に卑しいという意味はありませんが、ごまかして上手く立ち回ることから、やや軽蔑のニュアンスが含まれます。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ