「かわよ」とは?意味や使い方をご紹介

「かわよ」はネットスラングの一つで、「かわヨ・かわョ」と書くこともあります。しかし、この「よ」は、文を完結させる働きをする終助詞や、語調を整えたり語勢を強めたりする間投助詞ではありません。この記事では、「かわよ」の意味や使い方について解説します。

目次

  1. 「かわよ」とは
  2. 「かわよ」の由来
  3. 「かわよ」の使い方

「かわよ」とは

「かわよ」はおもにSNSなどで用いられる言葉で、かわいいという意味です。後述する由来から推察するに、「かわヨかわョ」という表記の方が先にあったのでしょう。

このほかの異表記として、かたちが似ている「∃(数学で使う記号で、存在限定子)」で置き換えた「かわ∃」があります。

「かわよ」の由来

「かわよ」の由来となったのは、「かわいい」の「いい」の部分を音が同じアルファベットの「E」で置き換えた「かわE」です。この「E」の代わりにカタカナの「ヨ・ョ」を使ったのが「かわヨかわョ」で、「かわいい」または「かわよ」と読みます。

「かわE」が「かわヨ・かわョ」と書かれるようになったのは、入力切り替えをしてアルファベットを打つよりも、切り替えせずに打てる文字や記号が好まれたからでしょう。

その後、「かわよ」や「かわ∃」(存在限定子)と書かれるようにもなりました。

「かわヨ」が広まったきっかけ

「かわよ」の原形である「かわヨ・かわョ」が広まったきっかけの一つは、『5ちゃんねる』のスレッドのひとつ『なんj』(なんでも実況J)だと言われています。

具体的には、「そのEの反対のやつどうやって打つんや」というレスです。投稿者がカタカナの「ヨ」を「Eの反対のやつ」と表現したのがユーザの印象に残ったのでしょう。「かわE」という書き込みの後には、「そのEの反対のやつ~」というレスを付けるのが流行したのです。

「かわよ」の使い方

「かわよ」は基本的に、「かわいい」の代わりに用いられます。しかし、「かわいい犬」のように名詞の前に置く場合、「かわいいですね」のように助動詞が付く場合は、「かわよ」で言い換えないようです。

【例文】

  • (ケーキの投稿写真に対するリプライで)このケーキかわよ!
  • (好きなアイドルに対して)○○ちゃん、かわよ!
  • 手で包むとすぐ寝ちゃうウチのインコかわよ~


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ