「チャット」とは?意味や語源をご紹介

皆さんは「チャット」という言葉を聞いたことがありますか?「チャット」とは、ネット上でリアルタイムに文字のやり取りを使って会話できる機能のこと。「チャット」はメールに代わるツールとして注目を集めています。ここでは「チャット」の意味や語源、活用事例をご紹介します。

目次

  1. 「チャット」とは?
  2. メールの時代は終わり?「チャット」に注目!
  3. 番外編:「チャット」の問題点とは?

「チャット」とは?

「チャット」とはネット上でリアルタイムに、文字のやり取りで会話ができる機能のこと。メールや掲示板と違って、リアルタイムに相手とスムーズにやり取りができるところが「チャット」の大きな特徴となっています。

数十文字程度の短い文章を打って、1対1はもちろん複数人が集まったグループでも、リアルタイムで文字の会話を楽しむことができます。

「チャット」は何語?

「チャット」は「chat」という英語が語源になっています。「chat」にはおしゃべりという意味があり、リラックスして雑談をするという意味もあります。

「チャット」の歴史は?

「チャット」はインターネットが普及する以前、電話回線を使っていた「パソコン通信」の時代から存在していました。

2000年頃には「チャットルーム」と呼ばれる専用のwebページがあり、そこに集まった参加者同士がやり取りをする形が主流でしたが、現在(2019年)ではSNSにチャット機能が付いていたり、チャット機能を簡単に導入できるチャットシステム、サポート事業が盛んになっています。

メールの時代は終わり?「チャット」に注目!

気軽に「チャット」でコミュニケーション

例えばMobage(モバゲー)チャットというサービスでは、気軽に「チャット」でたくさんの人と雑談を楽しむことができます。テーマに応じたグループが多く作られているので、自分の好みにあったグループに入って「チャット」が可能です。

直接顔を合わすことなく、趣味や興味のある話題についてコミュニケーションできるので、その気軽さから多くのユーザーが利用しています。

ビジネスシーンで注目を浴びる「チャット」

相手が確認するまで時間がかかってしまう「メール」と違い、リアルタイムで会話ができる「チャット」は、スピーディーにやり取りができる利点があり、ビジネスの場で注目されています。

複数人とやり取りできるので、「チャット」で会議を行ったり、グループ内での情報共有も簡単にできるため便利なビジネスツールとして多くの企業が導入しています。

有名なチャットツールとしては「Slack」「Chatwork(チャットワーク)」などがよく知られています。

英会話の勉強に?「チャット」の活用事例

ビジネス用の「チャット」以外にも、英会話の勉強に「チャット」が便利だと注目を集めています。

「Hellotalk(ハロートーク)」「Flamingo(フラミンゴ)」等のアプリを利用すれば世界中のユーザーと「チャット」が可能で、ユーザー同士でお互いの国の言語を教え合うことができます。

アプリによっては英会話のレッスンを受けられるサービスや、文法を学ぶことができるなど機能も充実しており、場所を選ばず気軽に語学学習ができると人気になっています。

疑問は「チャット」で、スッキリ解決!

従来、問い合わせに対応するカスタマーサービスでは、オペレーター(人)による対応がほとんどでしたが、現在(2019年)では、AI(人工知能)による「チャット」での対応を多く見かけるようになりました。

「チャット」上で、文字で質問を入力すると、AI(人工知能)がその文章内のキーワードをチェックして、解決策を導き出してくれます。

企業にとっては人件費の削減、客側には待ち時間の短縮が期待できるなど、そのメリットが注目されています。

番外編:「チャット」の問題点とは?

隙間時間を利用して気軽に回答、対応ができる「チャット」ですが、便利さに注目が集まる一方、ビジネスシーンでは「チャット」が長時間労働につながりかねないと、問題視する声も上がっています。

時間に関わらず連絡ができるため、業務時間外にも「チャット」をチェックしたり、つい返信対応をしてしまうという事例や、自分あての通知でなくとも、プロジェクトグループの「チャット」が動いているとプレッシャーを感じてしまうという状況が問題として浮かび上がってきています。

チャットの使用時間を厳格に決めるなど、「チャット」を運用してみた後に出てきた問題点をメンバー内で話し合い、その場に応じて柔軟に改善していく姿勢が重要といえるのではないでしょうか。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ