「ワロス」とは?意味や使い方をご紹介

インターネットで「笑うこと」を表現する方法はいくつもあります。「(笑)」「WWW」「わら」「(藁)」「ワロタ」など良く見かけますが、今回ご紹介する「ワロス」もその中のひとつです。では「ワロス」の意味と使い方を見てみましょう。

目次

  1. 「ワロス」とは
  2. 「ワロス」への変遷
  3. 「ワロス」と「ワロタ」の使い分け
  4. 「ワロス」の用例

「ワロス」とは

ワロス」はインターネット掲示板2ちゃんねるで誕生したネットスラングです。基本的には「笑った」という意味で、面白くて思わず笑ってしまったとき以外にも、失笑・嘲笑のような呆れ、嘲りを表現するときにも使われます

「ワロス」への変遷

「笑った」という意味の「ワロス」ですが、最初から「ワロス」という言葉が使われていたわけではなく、「笑った」からいくつかの段階を経て誕生したと言われています。
 

説① 言いやすいように変化した

①笑った
 ↓
②ワラタ
 ↓
③ワロタ
 ↓
ワロス

まず「笑った」から促音「っ」が落ち、次に「ワラタ」が「ワロタ」へ変化しました。そして「ワロタ」から「ワロス」への変化の理由ですが、「タ」と「ス」の形が似ていたため、誰かが勘違いして使い始めたという説がひとつあります。(一段階前の「ワラタ」→「ワロタ」の変化も同じように「ら」「ろ」の形が似ていたためと言われています。)

説② 言葉の語尾「~ス」が流行った

そしてもうひとつ、変化の理由として有力なのは、ある時期に2ちゃんねるで言葉の語尾を「~ス」とすることが流行り、「ワロタ」→「ワロス」となった説です。同じ頃にはタレントのしょこたんも「かわいい」を意味する「カワユス」をテレビで使っており、他にも「かっこいい」→「カッコヨス」「やばい」→「ヤバス」などの表現が誕生しました。

また、「ワロス」の程度は語尾に「www」を並べたり、語頭に「ギガ」「テラ」などとつけることで表現されます。

「ワロス」と「ワロタ」の使い分け

「ワロス」と「ワロタ」の使い分けに明確なルールは無く、両方とも思わず笑ってしまうようなシチュエーションで使われます。ただ、「ワロス」は「今まさに起こっている出来事」「ワロタ」は「過ぎた出来事」について使われる傾向にあるようです。

はいはいワロスワロス

また、「ワロス」独特のフレーズに「はいはいワロスワロス」というものがあります。これは、例えば自分が興味のない話題を延々と話す相手に「はいはい、そーですね」と気のない返事をしているようなイメージです。相手のコメントに呆れていたり、バカにしているときにも使います。

絵文字(AA:アスキーアート)では次のように表現されていました。

はいはいわろすわろす
 〃∩ ∧_∧
 ⊂⌒( ・ω・)
  \_っ⌒/⌒c

「ワロタ」については次の記事にも詳しいのでご覧ください。

「ワロタ」とは?意味や使い方をご紹介

「ワロス」の用例

基本的にワロスは半角で使われることが多かったですが、ツイッターなどをみれば今はその限りでなく、個人個人がその時打ちやすい方を使っているようです。
 

  • そんなことも知らねーのかwwwワロス
  • 東京のアパート狭すぎワロス
  • 今の回答面白すぎテラワロス

関連するまとめ


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ