「プギャー」とは?意味や使い方を顔文字を含めてご紹介

SNSを使っている人なら誰もが一度は「プギャー」という表現に出合ったことがあるでしょう。「プギャー」には顔文字まであり、顔文字にはそれぞれ細かい意味があります。もちろん、「プギャー」自体の意味や使い方も含めて解説していきたいと思います。

目次

  1. 「プギャー」とは?
  2. 「プギャー」の顔文字と意味
  3. 「プギャー」の使い方
  4. 「プギャー」の変化形

「プギャー」とは?

「プギャー」とは、主に2ちゃんねるで使われている顔文字のことです。現在では、ツイッターなどにおいても使用が見られます。

また、「プギャー」には独自の変化形が存在し、その文脈に合わせて使い分けられているようです。

「プギャー」の顔文字と意味

パソコンのキーボードで「プギャー」と打ち込むと、m9(^Д^)プギャーの顔文字が表示されます。m」は小指薬指中指、「9」は人差し指を表し他者を嘲笑している様子を示しているそうです。

分かりやすく言えば、ざまあみろ」といった意味になります。キツく感じるかもしれませんが、あまりにも多用されているため、むしろ軽いイジり表現として認識されているようです。

顔文字を省略したバージョンも存在し、「m9」・「m9つ)」などと記します。「)」は親指を伸ばしていることを示しています。「m9」は左手、「9m」は右手を表しているそうです。

「プギャー」の使い方

いくら軽いノリの表現であるとはいえ、中には、その意味を真に受けてしまう人がいます。そのため、使う際は相手をしっかりと選び、使うように注意しましょう。一部例外はありますが、「プギャー」は文の末尾に置かれることが多いです。

「プギャー」の使い方

即席めんの湯切りに失敗した相手に対して使われた例です。

両手を使って「プギャー」を表している具体例。

「プギャー」の変化形

プギャー
→プゲラー
→プゲラッパ
→プゲラッチョ
→ヨープゲラッチョ
→プガチョフ 

と、階級が変化するようです。「プガチョフ」のみ実際の使用例を確認できませんでした。その他の変化形は以下の通りです。

プゲラー

ププッ、ゲラゲラと笑っている姿が目に浮かんでくるような表現ですね。

プゲラッパ

ラッパと組み合わせてあることによって、より遠くまで笑い声が響いていくようです。

プゲラッチョ

意味としては重みを増しているのですが、ラップ調のために軽く響いてしまいます。

ヨープゲラッチョ

さらにラップ調の表現に変化して、「よう」に連なる文脈の中で使われているようです。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ