「ガクガク」とは?意味や使い方を顔文字を含めてご紹介

「ガクガク」はオノマトペの一種です。顔文字があることからも、人に関わる言葉だと分かるでしょう。しかし、この「ガクガク」は人に対してだけでなく、物に対しても使うことがあります。今回は「ガクガク」の意味や使い方を顔文字も含めて解説します。

目次

  1. 「ガクガク」とは
  2. 「ガクガク」の使い方
  3. 「ガクガク」の顔文字

「ガクガク」とは

カタカナで書く「ガクガク」のほとんどは、次のような状況を表す擬態語です。

  1. 物がしっかりと固定されておらず、緩んで動く様子
  2. 寒さ、恐怖、疲れなどのせいで体の一部が小刻みに震える様子

これらがひらがなで表記される場合もあります。しかし、ひらがなで表記される場合は、次の「諤々」の意味で用いられていることもあるので、文脈から区別しましょう。

「がくがく(諤々)」とは

「がくがく(諤々)」は次のような状態を表します。

  • 正しいと思ったことを、遠慮なくありのままに言う様子
  • 口やかましい様子

上の意味では「侃々諤々」(かんかんがくがく:盛んに議論すること。正論を堂々と主張する様子)という複合語として用いられることが多くあります。

なお、「諤」の字義は、正しいことを周囲や事情を憚らず(はばからず)に言うことです。

「ガクガク」の使い方

ここでは、カタカナの「ガクガク」の使い方について見ていきます。「がくがく(諤々)」については割愛します。

1.物が緩んで動く様子

  • 机の脚がガクガクしているから直すように、妻に言われた。
  • 走行中に変な音がしたと思ったら、今度は車体がガクガクと振動し始めた。
  • 寝入っている乗客を揺すると頭がガクガクするばかりで、目を覚ます気配がない。

一番下の例文は、体についての描写です。しかし、本人が震えているわけではないので、1の意味に分類して良いでしょう。

2.体の一部が震える様子

  • 外に出ると、あまりの寒さに、5分もしないうちに顎がガクガクしてきた。
  • 人前で話すとなると緊張して、壇に上がるときには膝がガクガクした。
  • 家族の事故の知らせを受け、スマホを持つ手がガクガクと震えた。
  • 体がなまっていたので、山歩きの終盤は脚がガクガクしていた。

「ガクガク」の顔文字

「ガクガク」の顔文字は、SNSなどで怖いという意味で使います。その特徴は、震えているようすを括弧を重ねて表現していることです。また、「ガクガク」や「ブルブル」「ガクブル」などの文字が添えられるパターンもあります。

((((;゚Д゚))))
ガクガク(((;゚Д゚)))ブルブル
ガク(((((((;´д`)))))))ブル
カタカタ(((´・Д・`)))プルプル


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ