「イキってる」とは?意味や使い方をご紹介

「イキってる奴」という表現があります。「目につく奴」「気取った奴」「気に障る奴」は、皆「イキってる」存在です。「イキがってる」と同じ意味の言葉で、語源は鼻息の「イキ」です。今回は、「イキってる」という言葉について。類語や使い方を含めてご紹介します。

目次

  1. 「イキってる」とは
  2. ポジティブな「イキってる」の意味
  3. ネガティブな「イキってる」の意味
  4. 大阪弁としての「イキってる」
  5. 「イキってる」類義語
  6. 「イキってる」まとめ

「イキってる」とは

「イキってる」とは、この言葉の発祥の地である関西風に言うと、「調子に乗ってる奴のことや」となりますが、使う人の思いによって、ポジティブにもネガティブにも変化します。

もともとは、神戸や大阪を中心とした関西圏でお馴染みの言葉でしたが、SNSやその他のメディアを通じて全国に広がりました。

ポジティブな「イキってる」の意味

この言葉と関わりの深い関西では、「目を見張るできごと」や「いつもより輝いて見える人」に対しても、好意的な思いを込めて「イキってる」と口にします

いい意味で調子に乗っている様子、「勢いづいている」「活気がある」「気合が入っている」「意気込む」くらいのニュアンスでしょうか。


〈用例〉

  • クラスの中でも目立たない存在の田中、合唱コンクールではソロパートでえらくイキってたね。
  • モテない、モテないと嘆いてた悟志、昨日駅前でえらくかわいい子とイキった顔で歩いてたよ。

ネガティブな「イキってる」の意味

いま、全国に広がって意味が共有されている「イキってる」は、そのほとんどが相手を攻撃する言葉として使われています。

「気取っている」「大きな顔をしている」「格好をつけている」など、相手の態度に対してのネガティブな評価を表現する言葉です。

「ツッパってる」「デカいツラしている」「エラぶっている」などと共通するこの言葉は、不良少年や大人同士のもめごとの発火点として使われます。態度もふくめ、さまざまな意味で自分の神経を逆なでする存在、それがネガティブな意味での「イキってる奴」です。

〈用例〉

  • 雄二のやつ、山田先輩に気に入られてるからってイキった態度取りやがって。
  • よそ者がこの町でイキった顔で歩いてるんじゃねえよ

大阪弁としての「イキってる」

「調子に乗ってる奴」と、一面的に扱われがちな「イキってる」ですが、実はそうではありません。

人情の町、大阪の「イキってる」は、ボルテージの高い「動体」、すなわち「勢いのいいもの」「動きの活発なもの「勢いの増したもの」すべてを指して幅広く使われます。


そこには、昆虫・植物・小動物・鳥・獣などがいます。さらに、自動車や飛行機などの動力機械があり、気体・液体の自然物、むろん人間にいたるまで、可視可能な対象すべてが含まれます。

使い方

  • あそこの路地なぁ、イキった目ぇの蜂がぎょうさんいるでぇ
  • かなわんわ。除草剤撒いてすぐに雑草がイキって生えてくるんやで
  • カラスはいま、子育て中や。そばへ行ったらアカン、イキってるでぇ
  • 自然の力がイキってる時てなぁ、人間には手も足も出まへん
  • 戦闘ヘリが仰山飛んで行きよったで。ありゃ、ほんまイキっとった
  • イキったアンちゃんの車がマフラー轟かせて走っとった

「イキってる」類義語

「すかす」

「すかす」とは、「イキってる」の意味の一部に相当する「すましこんで気取ること」を指して使われます。

また、「すまし顔」などと言うように、「格好をつけてお高くとまっている様子」も含まれます。この言葉の類義語に相当するのが「粋がる」です。

【使い方】

  • さっきから見ているとずい分すかしているけど、アンタ大した顔じゃないよ

ちょける

「ちょける」は、主に関西・播磨・飛騨の各地方で使われている方言です。「イキってる」同様、その言葉では「はしゃぎ立てている様子」や「おどける様子」を表します。

いわゆる「お調子者」のことで、多くは「イキってる」よりも年少者の軽々しさを指して使われます。


【使い方】

  • おまえ、ガッコではちょけてばっかしやと、センセ言うとったぞ(おまえ、学校ではふざけてばっかりいるって、先生が言ってたぞ)

「いちびる」

「いちびる」は主に、大阪以西で「つけ上げって図に乗る態度」や「調子に乗って振る舞っている様子」を表す言葉です。

「われ、いちびんなや」と一喝する第一声からは、何やら不穏な展開が予想される、そんな響きを持った言葉です。

【使い方】

  • いちびってんと、しゃんとせな、お母ちゃん怒るで(ふざけていないで、ちゃんとしなさい、お母さん怒りますよ)

「イキってる」まとめ

使い方によって印象が異なる言葉、それが「イキってる」です。関西圏で使われるポジティブな「イキってる」はともかく、いま全国に拡散している「イキってる」は、多くがネガティブな感情を伴って使われています。


相手に対してネガティブな感情を持ってしまうのは、誰にでもあることです。しかし、それを人前ではっきりと口にすると、不要なトラブルの元になりかねません。

「口は禍の元」というように、悪口は諍い(いさかい)の発火点になります。「イキってあんなこと言わなきゃよかった」ということにならないように、言葉選びひとつにも日頃から注意を払いたいものですね。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ