「素直」とは?意味や使い方を類語を含めてご紹介

みなさんは「素直」という言葉をご存じでしょうか?日常的に頻繁に使われる言葉です。普段何気なく使っていても、本当の意味を知らない人は多いのではないでしょうか。今回はそんな「素直」について意味や使い方を類語を含めながらご紹介します。

目次

  1. 「素直」とは?
  2. 「素直」の使い方
  3. 「素直」の類語

「素直」とは?

「素直」には大きく分けて二つの意味があります。一つは人の性質などに対して使い、「性格や態度にひねくれたところがなく、人の言動などを逆らわないで受け入れるさま。」を意味します。

もう一つはものなどに対して使い、「くせがなくて、のびのびとしているさま。また、形などがまっすぐであるさま。」を意味します。

「素直」の使い方

  • 彼は明るく素直な性格の少年なので皆から好かれている。
  • これだけ証拠があるのだから素直に犯行を認めなさい。
  • 本当にあなたは素直で綺麗な髪の毛を持っていますね。
  • 素直な字を書く人に好感が持てます。
  • 質問には素直に答えてください。

「素直」の類語

「率直」

「率直」とは「飾ったり隠したりするところがなく、ありのままであること。また、そのさま。」という意味を持つ言葉です。「卒」という漢字が「率」と形が似ているため、混同されて「卒直」とも書かれます。

【例文】

  • 新商品についての卒直な意見がほしいです。

「正直」

「正直」とは名詞や形容動詞として「うそやいつわりのないこと。素直で正しいこと。」を意味し、副詞として「本当のところ。」という意味で使われる言葉です。

【例文】

  • 犯人は全てを正直に白状した。
  • このプロジェクトが成功するとは正直思っていなかった。

「素朴」

「素朴」とは「自然のままに近く、あまり手の加えられていないこと。単純で発達していないこと。」、「人の性質・言動などが、素直で飾り気がないこと。」という意味を持つ言葉です。

【例文】

  • 素朴な疑問を述べる。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ