「ピカタ」とは?意味や使い方をご紹介

「ピカタ」という料理を、ご存知ですか。やわらかい食感が子どもに人気で、給食で食べたことがある、というかたもいるようです。ボリュームがあり、食べ応えもあるので、夕食のメインにもおすすめです。この記事では、「ピカタ」について解説します。

目次

  1. 「ピカタ」とは?
  2. ピカタのかんたんなレシピ
  3. ピカタのバリエーション
  4. ピカタの由来
  5. ピカタの冷凍保存
  6. 韓国料理「ジョン」

「ピカタ」とは?

「ピカタ(piccata:イタリア語)」は、薄切りの肉などに、小麦粉と溶き卵の衣をつけて焼いた料理です。「ピッカータ」と言われることもあります。

「ピカタって何?」(ムロツヨシ)

最近では、ムロツヨシさんの「ピカタって何?」という発言が少し話題になりましたよね。それでは、ピカタとはなんなのか、詳しくみていきましょう。

ピカタのかんたんなレシピ

  1. 子牛の肉や豚肉を薄切りにしたもの、鶏肉、魚介類、野菜など、好みの具材を用意する。
  2. 具材に塩・コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶす。
  3. 溶き卵にくぐらせて、サラダ油やバターなどを使ってフライパンで焼く。

ピカタのバリエーション

具材のバリエーション

次のような具材がおすすめです。

【肉類】

  • 牛肉(もも肉、バラ肉、すね肉、ひき肉など)
  • 鶏肉(ささみ、胸肉、もも肉など)
  • 豚肉(ヒレ肉、ロース肉、こま切れ肉を丸めたものなど)

【魚介類】
  • 白身魚(メカジキ、タラ、カレイ、ヒラメ、サワラ、残ったお刺身など)
  • 赤身魚(サバ、アジ、マグロ、サンマ、残ったお刺身など)
  • その他魚介類(エビ、ホタテ、カキなど)

【野菜】
  • ズッキーニ
  • エリンギ
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • ミニトマト
  • ゴーヤ
  • スナップエンドウ

【その他】
  • はんぺん
  • 魚肉ソーセージ
  • 豆腐

衣のバリエーション

衣に次のようなものを混ぜてもおいしいです。

  • パルメザンチーズ
  • 青のり
  • カレー粉
  • パセリのみじん切り
  • その他お好みのハーブ

ソースのバリエーション

下味がついているので、ソースなしでもおいしいですが、次のようなソースをかけてもおいしくいただけます。

  • ケチャップ
  • しょうゆ
  • ごまダレ
  • ウスターソース
  • 生クリームを使ったクリームソース

その他のバリエーション

【具材に一工夫】

  • 具材に海苔や大葉を巻いてから衣をつける
  • 具材に明太子やスライスチーズを挟み込む

【下味に一工夫】
  • 下味にすりおろしたしょうが、酒、しょうゆなどを加えて和風に
  • その他、マヨネーズやおろしにんにくを加えても

ピカタの由来

「ピカタ」は、イタリア語の「槍の一突き」という意味の言葉、「piccata(ピッカータ)」が語源になっています。フォークで薄い肉を一突きにして、一回裏返せば焼き上がる、ということからこの名前がついたようです。

イタリアには、ロンバルディア地方に伝統的な地方料理である「Frittura piccata(フリットゥーラ・ピッカータ)」というものがあります。「フリットゥーラ」は、ソテーしたり、油で揚げたりする調理法を指します。この「フリットゥーラ・ピッカータ」が、現在のピカタのもとになったと言われています。

イタリア料理での「ピッカータ」は、薄切りにした子牛の肉をバターでソテーして、レモン汁をかけた料理を指します。もともとのイタリアでは、卵は使わないのが一般的なようです。

ピカタの冷凍保存

ピカタは、下味をつけた状態か、衣をつけた状態、または焼いた状態で冷凍保存ができます。冷凍保存したピカタは、2~3週間をめどに食べ切るとよいようです。

小分けして冷凍しておけば、少量ずつ解凍することができて、お弁当や離乳食にも便利に使うことができます。

韓国料理「ジョン」

ピカタに似た韓国料理に、「ジョン(煎)」があります。薄切りにしたり、一口大に切ったりした肉や魚介類、野菜に小麦粉と溶き卵の衣をつけて油で焼いたものです。焼く油にはごま油を使うこともありますし、酢じょうゆ(チョカンジャン)のたれをつけて食べたりもします。

カキのジョンは「クルジョン」、青唐辛子のジョンが「コチュジョン」、キノコのジョンが「ポソッジョン」と呼ばれ、代表的なものとして知られています。

ジョンは、かつては宮廷料理として、朝鮮時代の王、王妃の食卓にも上っていました。現在でも、お祝い事や行事の際にはいろいろな食材のジョンがテーブルに並べられたり、家庭料理として食べられたり、韓国料理のお店で盛り合わせ(モドゥム)として出されたりと、なじみの深い食べ物の一つです。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ