「嫉妬」とは?意味や使い方を類語も含めてご紹介

「嫉妬」には「羨望」や「やきもち」という類語があります。「やきもちを焼かれるのは嬉しいけど嫉妬は勘弁してほしいよ」なんてモテ男の台詞がありますがこの差って何でしょうか?今回は「嫉妬」の意味と使い方を類語と一緒にご紹介します。

目次

  1. 「嫉妬」の意味と使い方
  2. 「嫉妬」の類語
  3. 「嫉妬」をしやすい人
  4. 「嫉妬」のメリット
  5. 「嫉妬」と花言葉

「嫉妬」の意味と使い方

【嫉(シツ)】と【妬(ト)】という字は、訓読みをすると二文字とも「そねむ」「ねたむ」という読み方をします。意味も二文字とも「人の優れている点などをみて憎むこと」です。

嫉妬:愛情が他の人に向けられることをうらむ

「嫉む」+「妬む」同じ意味の単語が二つ重なった「嫉妬」という言葉には、自分が愛している人や心を引かれる人の愛情が他の人に向けられることをうらみ憎むこと、またはその気持ちという意味があります。

【例文】

  • 夫の浮気相手に嫉妬する
  • 嫉妬など見苦しいとわかっていつつも彼を束縛してしまう
  • 犯行の動機は愛人への激しい嫉妬だ

嫉妬:自分より優れている人をうらやむ

「嫉妬」にはもう一つ、自分より優れている人や恵まれている人をうらやみねたむこと、またその気持ちという意味があります。

【例文】

  • 自分にないものを持っている友人の才能に嫉妬する
  • 嫉妬の原因は友達が先生に褒められていたことだ
  • 彼の出世の早さに嫉妬心を覚える

「嫉妬」の類語

類語:羨望(せんぼう)

「羨望(せんぼう)」は、うらやましく思うことうらやむことをいいます。

【例文】

  • あの頃、成績優秀な彼はクラス中の羨望の的だった
  • 若くして財を築いた社長を羨望する
  • 私は成功をした彼女を羨望の眼差しで見ていた

自分もそうなりたいという気持ちがかなり素直に働いている「羨望」に対し、「嫉妬」は相手の優れた点をうらやんだ結果、憎しみを抱くという意味合いの差があります。

「うらやむ」には「そうなりたいと願う」「ねたんで憎む」という2つの意味がありますが、「羨望」は前者、「嫉妬」が後者というわけです。

類語:焼き餅(やきもち)

「焼き餅(やきもち)」は、嫉妬やねたみを表す言葉です。意味的には「嫉妬」と同じですが「焼き餅」の方が感情面が前面に出ていて、使い方によっては少しだけ可愛らしいニュアンスがあります。

嫉妬することを「妬く(やく)」ともいいますが、この「妬く」が「焼く」になり、これに「餅」が添えられて出来た言葉だと言われています。

または「嫉妬する気持ち」が「妬く気持ち」「きもち」になり「やきもち」になったという説もあります。ただし、嫉妬している女性の頬がふくれて焼き餅みたいだからという説はどうやら後付けのようです。

【例文】

  • 妻が夫に焼き餅を焼く
  • 彼女は焼き餅焼きだから気をつけて
  • 俺に焼き餅なんか焼かなくてもいいから心配しないで

類語:悋気(りんき)

「悋気(りんき)」と「嫉妬」は同義ですが、とくに男女にまつわる女性が抱く嫉妬心をいいます。嫉妬深い人を「悋気持ち」などとも表現します。

また「疝気(せんき)は男の苦しむところ、悋気は女の謹(つつし)むところ」というのは、昔からある言い回しです。「疝気」は、男性の下半身に生ずる病のこと。尿道炎や膀胱炎などですね。悋気をテーマにした落語のマクラ(本題に入る前の小噺)に、よくこの言い回しが用いられます。

「嫉妬」をしやすい人

嫉妬をしやすい人には傾向があるといいます。自分や恋人がそのタイプに当てはまっていないかチェックしておきましょう。

  • 自分に自信がない
  • 心配性
  • 思い込みが激しい
  • すぐに他人と比較をしてしまったり周りを気にしたりする
  • 趣味がない
  • 負けず嫌いでプライドが高い
  • 流行に敏感
  • ブランド好き
  • 子供っぽい
  • 依存症
  • 執着心や独占欲が強い
  • 過去の恋愛にトラウマ(浮気をされたなど)がある

半数以上(6個以上)当たっていたら嫉妬深い性格なのかもしれませんね。

「嫉妬」のメリット

「嫉妬」というとどうしてもネガティブな感情がつきまといますが、少しだけ見方を変えてみると案外大きなメリットが隠れていることに気づきます。

嫉妬の原因は大きく分けると二つです。「自分が持っているものを失うのではないかという不安」「自分が持っていないものに対するねたみひがみ」です。

恋愛を例にとると、現在付き合っている彼女がいる場合には「持っているもの=可愛い彼女」を失うことを恐れて、彼女が他の誰かと仲良くしている姿をみて嫉妬することになります。彼女がいない場合は「持っていないもの=可愛い彼女」となり、友人が可愛い彼女と付き合っていたりする様子に嫉妬したりします。

つまり「持っている」「持っていない」に関わらず、一番大切で欲しいものは「可愛い彼女」ということがわかります。このように嫉妬の感情で何が大きなメリットになるかというと、「自分の欲しいものがはっきりと明確になる」という点です。

嫉妬の感情に包まれてしまった時には、ネガティブな感情だけに囚われすぎないようにして、その嫉妬の源に何があるのかを理解して受け入れ、そこから自分に何が足りないのか自分がどう努力すればよいのかを考えることが前に向かって歩き出す一歩になります。

「嫉妬」と花言葉

花は大切な人やお世話になった人への贈り物としてたいへん喜んでもらえますが、その花言葉に「嫉妬」の意味を持つ花がありますので覚えておくと便利です。

「嫉妬」の花言葉を持つ代表的なものに「黄色いバラ」「マリーゴールド」があります。バラは特に花束のプレゼントとしても人気がありますので、黄色いバラを贈る時には誤解をうまないように注意しましょう。

その他には「シクラメン」「赤いヒヤシンス」「木いちご」「片栗」「トウガラシ」などがあります。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ