「オペレーション」とは?意味や使い方をご紹介

みなさんは「オペレーション」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。ただ、意味を説明してくださいと言われたら、曖昧になるのではないでしょうか?「オペレーション」には様々な意味が存在するため、ここではその意味や使い方をご紹介します。

目次

  1. 「オペレーション」とは?
  2. 飲食業における「オペレーション」
  3. ITにおける「オペレーション」
  4. ビジネスにおける「オペレーション」

「オペレーション」とは?

「オペレーション」は英語「operation」を由来とする言葉で、以下のような意味があります。

  • 中央銀行が行う証券売買による市場操作、公開市場操作
  • 手術
  • 軍事上の行動、軍事作戦
  • 機械の操作や運転

「手術」に関しては、「オペレーション」よりも「オペ」と言われた方がピンとくる人は多いのではないでしょうか?「オペレーション」を略したものだったのですね。

前述したように「オペレーション」にはいくつもの意味が込められているため、一概に「オペレーション」とは言っても、使用するシーンによって意味が異なってくることがお分かりいただけると思います。以下では、使用される主なシーン別の「オペレーション」の説明をしていきます。

飲食業における「オペレーション」

飲食業界には「店舗オペレーション」という概念があります。「店舗オペレーション」とは、レストランやカフェなどの特定の店舗を運営していく上で、スタッフの作業手順や配置などを含めた運営業務の全般を意味します。また、業務内容により3つの「オペレーション」が存在します。

  • キッチンオペレーション…厨房において、料理をいかに効率的に作ることが出来るか分析し、また、それを改善していくこと
  • フロアオペレーション…店舗内を常にくまなく見渡し、お客様からの注文をスムーズに取れるようにすること
  • バックヤードオペレーション…店舗内の在庫管理や注文管理、店舗キャンペーンの計画・実行など、様々な事務作業を効率化させていくこと

ITにおける「オペレーション」

IT業界における「オペレーション」は、主に管理や操作、実行といった意味で使用されます。具体的に言うと、ソフトウェアシステムなどの操作・運用を指します。こうしたシステムの不具合の修正作業なども、オペレーション業務の一環となっています。

昨今では、コンピューターウィルスの対策も講じられていることもあり、ソフトウェアシステムを万全にすべく、より一層オペレーション業務の重要性が高まっていると言えるかもしれませんね。

ビジネスにおける「オペレーション」

ビジネスシーンにおける「オペレーション」には、大きく分けて二つあります。

ビジネス現場でのオペレーション

ビジネス現場における「オペレーション」は、仕事の手順を決め、実際に仕事に従事する従業員一人一人に業務を割り振り、目標を達成していくことを指します。

企業の従業員が、この「オペレーション」を念頭に日々業務をこなしていくことが、企業の経営の源となっていると言えるでしょう。

経営手法としてのオペレーション

経営手法のマネジメントには、「戦略的マネジメント」と「オペレーションマネジメント」の二種類があります。そもそも、ここでの「マネジメント」とは、経営管理を意味します。

■戦略的マネジメント
企業の経営陣が考える、“企業としてどのような立場をとっていくか”という長期的な戦略を立てるマネジメント手法です。この戦略を、従業員一人一人に落とし込んでこそ意義があります。

■オペレーションマネジメント
短期的に企業の目標を達成するために、業務の効率化や業務計画を立て、調整していくマネジメント手法です。この手法において、「オペレーション」の概念が生かされていますね。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ