「かれぴっぴ」とは?意味や使い方をご紹介

「かれぴっぴ」と耳にした時、皆さんはどのような意味を思い浮かべますか?彼氏のことかな、と思われる方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、「かれぴっぴ」は彼氏を指す言葉ではありません。ではどんな意味なのか、これから解説していきます。

目次

  1. 「かれぴっぴ」の意味
  2. 「かれぴっぴ」の使い方
  3. 「かれぴっぴ」の発祥は?
  4. 「かれぴっぴ」の類語
  5. 「かれぴっぴ」の男性版
  6. 「かれぴっぴ」まとめ

「かれぴっぴ」の意味

「かれぴっぴ」は友達以上恋人未満、もしくは彼氏候補といった、単なる友達よりも特別な男友達を意味する言葉です。

「彼ピッピ」と表記されることが多く、女子高生を中心に、主に10代から20代の若い女性によく使用されています。

「かれぴっぴ」の使い方

「かれぴっぴ」が指す友達以上恋人未満の中には、親友という間柄も含まれます。「かれぴっぴ」は、必ずしも恋愛対象だけを指しているわけではないのです。

また、キャバ嬢が使う「かれぴっぴ」は、お金をたくさん使ってくれるお客さんを意味する場合があります。基本的に対象となる相手を直接「彼ピッピ」と呼ぶのではなく、SNS上や内輪の会話の中で隠語的に使用されます。またその際、「ピッピ」と省略されることもあります。

「かれぴっぴ」を使用する際の注意点

前述の通り「かれぴっぴ」には特に仲の良い友人も含まれますが、広義に使用される言葉なので、彼氏以外の男性に恋愛感情があると周囲に誤解されないよう注意が必要です。

またその言葉の響きから、意味を知らない人が「かれぴっぴ=彼氏」と誤解する可能性があることも考慮しましょう。

「かれぴっぴ」の発祥は?

「かれぴっぴ」は造語ですが、発祥の経緯は不明です。確認された中で一番古いのは、2009年に公開されたブログに書かれたものと言われていますが、そのブログの作成者が作った言葉であるかどうかは定かではありません。

世間一般に認知され始めたのは、2014年にTwitter上で「かれぴっぴ」という言葉を取り上げた記事が、広く拡散されたのがきっかけとされています。

TwitterなどSNSでよく見られるようになったのはここ数年ですが、それ以前から使用していた人もいたかもしれませんし、今の使われ方とはもしかしたら違った意味であったかもしれません。

「かれぴっぴ」の類語

「かれぴっぴ」「彼ピッピ」と並ぶ言葉で、「彼ピ」「好きピ」といった言葉があります。彼ピは彼氏を指し、好きピは好きな人を指す言葉です。

なぜ「ピ」を付けるようになったのか正確には判明していませんが、響きが可愛いとして広まったようです。確かに「親友」や「彼氏候補」と呼ぶよりも可愛らしく、呼び手の相手に対する親しみを感じさせる響きです。

「かれぴっぴ」の男性版

「かれぴっぴ」は女性視点の造語ですが、これに対し、男性から見た友達以上恋人未満や彼女候補への呼称はどうかというと、あまりしっかりと定まっていないというのが現状です。

その中でも、「かれぴっぴ」と同じく「彼ピッピ」と書いて「カノピッピ」と読んだり、「彼ポヨ(カノポヨ)」、「彼ぽっぽ(カノポッポ)」といったように、「かれぴっぴ」に呼応して作られた言葉が見受けられます。

「かれぴっぴ」まとめ

前述の通り、「かれぴっぴ」は広義に使用されている言葉です。恋愛感情を込めて彼氏候補として使っているのか、そうでないのかでは、意味や伝えたいニュアンスが変わってきます。よく知らない人が「かれぴっぴ」という言葉を使っている時は、解釈に注意が必要ですね。

また、「かれぴっぴ」を彼氏または浮気相手という意味だと思っている方も少なからず見受けられます。「かれぴっぴ」という言葉を使う際には、不要な誤解を招かぬよう、じゅうぶん配慮したいものです。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ