「ファンタジー」とは?意味や使い方をご紹介

みなさんは「ファンタジー」という言葉の意味をご存知でしょうか?「ファイナルファンタジー」といったゲームのタイトルにも使われている言葉なので、一度は耳にしたことがある人も多いと思います。「ファンタジー」の具体的な意味や詳しい使い方についてご紹介します。

目次

  1. 「ファンタジー」とは?
  2. 「ファンタジー」の使い方
  3. 代表的な「ファンタジー」の作品

「ファンタジー」とは?

「ファンタジー」とは空想」、「幻想という意味の言葉です。文学においては「空想小説」のことを指し、現実とは別の世界、時代などの舞台設定や、超自然的存在や生命体などといった登場人物の不可思議さに、物語の魅力を求めたものを言います。

また音楽においては「幻想曲」のことを表します。「幻想曲」とは形式にとらわれず、作者が自由に楽想を展開させて作る曲のことです。

「ファンタジー」の使い方

  • 私の弟はファンタジーの世界に入ることを夢見ている。
  • 彼女は完璧な男性との出会いを夢見ているが、そんなものはただのファンタジーだ。
  • 彼女はファンタジー小説を読んで現実を忘れることが好きである。
  • ファンタジックな演出が魅力の舞台だ。

代表的な「ファンタジー」の作品

「ハリーポッター」

『ハリー・ポッター(シリーズ)』はJ・K・ローリングによるファンタジー小説です。不幸な生い立ちの少年ハリー・ポッターが、ある日突然魔法学校に入学することになり、学生生活を通して友情や勇気を学んでいくという王道ストーリー。

魔法の世界で生きる人々が丁寧に描写されており、またシリーズを通して宿敵である闇の魔法使いヴォルデモートとの戦いも描かれます。シリーズ累計77億ドルもの興行成績をおさめた映画も話題となりました。

「ファイナルファンタジー」

『ファイナルファンタジー(シリーズ)』は坂口博信によって作られたスクウェア・エニックスのロールプレイングゲーム。世界累計出荷・ダウンロード数が1億4200万本を超える世界的ゲームシリーズです。

魔法を使って戦ったり、魔獣を召喚したりと幻想的なファンタジーの世界を楽しめます。シリーズの中でも特に人気なのが『ファイナルファンタジーⅦ』で、今でも根強くファンに支持されており、スピンオフ作品やCG映画などが発表されています。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ