「プロローグ」とは?意味や使い方をご紹介

「プロローグ(prologue)」とは「序詞」や「前口上」、「発端」などを意味するカタカナ語です。この記事では「プロローグ」の語源や意味、また反対語である「エピローグ」について、そしてプロローグの類語について紹介しています。

目次

  1. 「プロローグ」とは
  2. 「プロローグ」の語源
  3. 分野別、「プロローグ」の意味の違い
  4. 反対語「エピローグ」とは
  5. 「プロローグ」の類語

「プロローグ」とは

「プロローグ」は外来のカタカナ語で、英語の“prologue(アメリカでは“prolog”と綴られることも)にあたります。

意味は、演劇における「序詞」や「前口上」、物語などの「序章」「発端」などです。

「プロローグ」の語源

「プロローグ」の語源をさらにたどると、現代英語の元となった古英語、古フランス語、ラテン語、そして古代ギリシア語である“prologos:プロロゴス”にまで遡ることができます。

「プロロゴス」の“pro”は「はじめの」、“logos”は「言葉」を表すため、“prologos”には「序詞」と言う意味があります。

古代ギリシアでは演劇が非常に発達していたことが知られています。それは今でいうオペラや映画のような総合芸術で、「コロス」と呼ばれる合唱隊(「コーラス」の語源です)が劇を盛り上げたり、進行を助けたりしていました。

「プロロゴス」の元々の意味は「コロスが登場するより前の部分」を指す言葉だったようです。

分野別、「プロローグ」の意味の違い

「プロローグ」は時代を経るにしたがって、語源である「プロロゴス」にはなかった意味を獲得してゆきました。ここでは分野別に意味の違いを紹介しましょう。

演劇

「プロロゴス」が劇の中に組み込まれたものであったのに対し、「プロローグ」は劇とは切り離された、開幕前に行われる「前口上」という意味で使われます。

ここでは口上役が登場し、劇の内容や発端となるストーリーの説明、また作者の弁解をしたり、寸劇を行うなどいろいろな手法があります。

もっとも発展したと言われているのはイギリス・エリザベス朝時代の演劇において(この頃は「コーラス」と呼ばれていたようです)ですが、18世紀以降にはほとんど見られなくなりました。

音楽・文学

オペラバレエ単体の楽曲などで、序の部分が独立しているものを「プロローグ」と言います。日本語で言う「序曲」がこれに当たります。

また詩歌小説などの文学作品最初のパート(冒頭/序章)のことも「プロローグ」と言います。そのほか、あまり厳密な形でなく、物事の発端を示す言葉としても一般的に使われています。

反対語「エピローグ」とは

「プロローグ」の対となる言葉が「エピローグ(epilogue)」です。

語源は同じく古代ギリシア語の“epilogos:エピロゴス”であり、演劇においては劇の最後に俳優が観客に向かって語りかける、閉幕の言葉(納め口上)のことを言います。

音楽や文学の分野では、物語の「結び」、「終章」、あるいは「結末」のことを「エピローグ」と言っています。

「プロローグ」の類語

それでは最後に、「プロローグ」の類語を紹介しましょう。

冒頭

「冒頭(ぼうとう)」は物語などの始まりの部分を言います。小説であれば「書き出し」の部分、音楽であれば最初の旋律を奏で始めた部分のことです。

余談めきますが、冒頭部は作品にとって最も重要な部分であると言われています。脚本家、シド・フィールドは映画脚本は「冒頭10ページが、勝負」だと言っています。映画になった場合、はじめの10分間くらいで視聴者はそれが面白いか面白くないかを決めてしまうと言うのです。

逆に言えば、書き出しを見ただけで名作は名作ととわかってしまうと言えるでしょう。

「吾輩は猫である。名前はまだない」と言えば、誰もが夏目漱石の『我輩は猫である』だとわかりますし、「199X年、世界は核の炎に包まれた!」と来れば『北斗の拳』だとわかるというのは、実はとてもすごいことなのです。

オープニング

「オープニング(opening)」は「はじまり」を意味する英単語です。

他に、ラジオなどの放送局の局名告知(対義語:クロージング)、映画、ドラマなどで冒頭にクレジットが表示される部分、チェスの序盤戦のことなど、様々な意味があります。

日本のアニメや特撮などでは「オープニング」は主題歌が流れクレジットが表示されるのが一般的です。これより前に、本編が先出しの形で挿入される部分は「アバンタイトル」と呼ばれます。

「アバンタイトル」は和製カタカナ語であり、英語では同じ手法を「コールド・オープン(cold open)」と言っています。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ