「可愛い子」とは?意味や使い方をご紹介

皆さんは「可愛い子」と聞いてどんな人を思いうかべますか?芸能人やモデル、もしくは恋人や子供、ペットでしょうか。そもそも「可愛い子」と言うのは具体的にどういった人に使う言葉なのでしょうか。この記事では「可愛いの子」詳しい意味や使い方をご紹介いたします。

目次

  1. 「可愛い子」の意味
  2. 「可愛い子」の使い方
  3. 可愛い子には旅をさせよの意味は?
  4. 可愛い子の特徴とは

「可愛い子」の意味

可愛い子というのは、名詞の「子」に形容詞の「可愛い」がかかった言葉です。

可愛いの意味

  • 愛情を持って大切に扱いたい気持ち。
  • 愛らしい魅力を持っている。
  • 他と比べて小さく愛らしい。
  • 無邪気で憎めない。

子の意味

  • まだ大人になっていないもの。こども。
  • 若い女性。娘。

可愛い子とは

上記のことから、可愛い子とは、小さく愛らしいもの(女性、こども)ということになります。 人以外に、動物等にも使われる言葉です。可愛いという言葉は、「かわゆい」が音変化したもので、漢字は当て字です。 元々は「不憫・気の毒」といった意味を表す言葉でした。

「かわいそう」はその意味を受け継いでいます。中世後半から現代で使われている「愛らしい」という意味になったと言われています。

「可愛い子」の使い方

  • 可愛い子はどんな服装も似合う。
  • 弟の彼女はとても可愛い子だ。
  • 隣のクラスに可愛い子がいる。

可愛い子には旅をさせよの意味は?

「可愛い子には旅をさせよ」は日本に昔からあることわざです。「自分の子供をかわいく思うのであれば、ずっと親元において甘やかすのではなく、世の中に出して辛さや苦しさを経験させたほうがよい」という意味です。「獅子の子落とし」も同じ意味合いのことわざです。

英語にも同じようなことわざがあります。「spare the rod and spoil the child」鞭を惜しむと子供がダメになるという意味です。

可愛い子の特徴とは

女性なら可愛いと思われたい人は多いと思います。では具体的にどんな人が可愛い子と言われるのでしょうか。

  • 目が大きい…パッチリと二重でくりくりとした愛らしい目が可愛いと言われています。
  • 黒目がち…黒目が大きいと幼く見えて可愛く感じる人が多いようです。
  • 小柄…男性、女性にかかわらず、身体が小さいと子どものように見えて可愛い存在になるようです。
いずれも幼いこどもの特徴をおさえていますね。人間のこどもは自立するまでは大人の庇護(ひご)を受ける必要があるため、人が本能的に「可愛い」と感じる容姿をしていると言われます。

成人したあとも、幼さを感じさせる身体的特徴をもった人は、「守ってあげたい」という庇護欲をそそるとともに「可愛い」と言われる傾向にあるようです。


人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ